2012年11月10日

小磯良平の世界

市立小磯記念美術館・開館20周年、生誕110年「小磯良平の世界」展に行きました。

1933年・昭和8年 第一回神戸みなと祭が開催。市からポスターを頼まれた小磯は「洋和服の二人」を第二回みなと祭のために描いた。

手術室に入室を許可されて描いた男性肖像画の秀作「O博士像」1950年。


小磯美術館所蔵の作品だけでなく全国から集めた「絵画」「素描」「版画」「挿絵」全170点なので相当見応えがあり、足にも負担がかかります。

働く人。1959年。

美術館のある六甲アイランドは紅葉が真っ盛り。


P&G本社も紅葉の向こうに聳えていました。


麦刈り。1954年。



絵を描く男。1952年。

窓辺。1937年。神戸山手の異人館のイメージ。


これまでの小磯作品のイメージを覆す作品も多くあり、とても新鮮です。


私の母の従兄弟が松岡寛一と言う画家で、一時小磯良平に師事していたこともありました。また、寛一の妻が白系ロシアのハーフでもあったこともあり、小磯画伯のモデルもしていたと言う。それで、小磯良平には何かしら親しみを持つのです。

代表作「斉唱」1941年。図録から撮ったのでちょっとピンボケですが。



記念美術展は 12月24日まで。
小磯記念美術館 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/koisogallery/



同じカテゴリー(観に行く)の記事画像
御影だんじり祭
大英博物館展
九度山
コスモスと滝
御影だんじり祭
上方の浮世絵
同じカテゴリー(観に行く)の記事
 御影だんじり祭 (2017-05-04 15:22)
 大英博物館展 (2015-11-14 12:08)
 九度山 (2015-10-21 14:57)
 コスモスと滝 (2015-10-03 14:45)
 御影だんじり祭 (2015-05-04 15:12)
 上方の浮世絵 (2014-05-29 20:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ