2010年01月17日

15年目の1.17

被災者として1.17は辛い日です。
親戚や知人が誰も亡くなっていないので、今まで鎮魂の舞台に出ることは控えてました。
身内が亡くなった方々、知人が亡くなった方々、その心の痛みに比べて私などは甘っちょろいと引け目を感じてたからです。
でも17日の後に見たものは私にとってはまさしく「地獄」のような光景でした。
常識やロジックを越えた初めての体験。
多分、まだ傷が癒えてないのかもしれません。


今日、15年経って、被災後、神戸を離れた四国の知人が、「自分の住んでいたマンションを訪ねてみたいから」と突然訪ねて来ました。私と同じ町に住んでた被災者です。15年経ってやっとそんな気分になったそうです。彼は当時としては最新のビデオを持っていて震災の日からフィルムを回して近所の被災状況を撮っていました。生々しい映像を見せて貰いました。
心凍る思いでした。


神戸の人なら誰もが経験したあの日の「心フリーズした思い」。
誰もが経験した「昨日までとは全く異なる家の中」「周りの環境」。
あの「呆然自失の自分」。
あまりに大きな経験は、やはり15年経っても「まだ」癒えることはないのでしょう。


15年を経て初めて行った東遊園地。
夕方の蝋燭の点灯を見て、心の中で犠牲者に祈り謝罪しました。
「何もしてあげられなくてご免なさい」「自分のことで精一杯だったのです」と。


神戸は忘れない。

その後、夕食を食べに行った焼鳥屋に年配の何処かの社長夫婦が来ました。
1.17の思い出を語るうちに、彼は泣き出しました。「社員が励ましてくれたので会社を続けられたんだ」「体験者でないと分からないことがある」と感極まった大のおとな。
それが現実なんだと思いました。

報道番組だけでは伝わらない150万人それぞれの重い体験があります。
安易な番組は作って欲しくない。東京の視点だけで報道をして欲しくない、そんな気持ちを持った一週間でした。
これでもか、これでもかと、瓦礫の町や火災の町を映像で映し出し、ネタとして大震災を取り上げる姿勢には疑問を持ちます。

そっとしておくのがいいのか、思い出させるほうがいいのか。難しいけれど、少なくとも被災者の心に寄り添う姿勢は必要だと思います。

でも15年経っても、未だに泣く男と泣く女、泣く母と泣く父、泣く子どもはいるのです。







  


Posted by 李欧 at 21:45Comments(8)日々の雑感

2010年01月01日

2010初詣

奈良は寺の町。近所の小さなお寺で突く「除夜の鐘」を聞きながら、いつのまにか眠ってしまってました。

薬師寺・西塔  東塔はすっぽり網をかぶって復元工事中、見られません。

薬師寺といえば、白鳳時代の国宝「薬師三尊像」が有名です。
日光・月光菩薩の中央に鎮座する薬師如来の前では、僧侶たちが新年の祈りを捧げていて、お堂(金堂)の中は立錐の余地もないほどでした。お正月から15日までは薬師如来像の前で「国宝・吉祥天女画像」も公開されています。

中央の薬師如来像。

薬師三尊像が並ぶ金堂。


薬師寺の中門には極彩色の金剛力士像(仁王さん)がお寺をお守りしてました。




薬師寺管主・山田法胤さんのありがたい年頭の法話も聞けました。
今年は「庚寅(かのえとら)」年。行き詰った結果、自ら新しいものに動き始め生まれ出る年、らしい。


平城遷都1,300年に当たる今年、薬師寺のもうひとつの見ものは、先日亡くなった平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」が見られることです。
境内の北部にある「玄奘三蔵院・伽藍」の壁画院で見られます。

玄奘塔の正面には「不東」の額がかかってます。これは中国から一大決心で西域へ経典を求めて旅したからには「もう二度と東の中国には戻らないぞ」と言う玄奘三蔵法師の心を「不東」と言う文字で表しているそうです。


お正月は普段見られない僧侶の姿も境内で良く見かけます。


薬師寺公式HP http://www.nara-yakushiji.com/


そして、奈良の初詣といえば、やはりここ「東大寺」は、はずせません。
お馴染みの大仏さんにもご挨拶しなきゃ、です。

元日なのに中国・韓国からのお客も含めてかなりの団体客で賑わってました。

貫禄の大建築・南大門の額は「大華厳寺」


お馴染みの仁王さん、金剛力士像は「運慶・快慶」の作です。




とにかく寒くて冷え切った奈良の元日、お寺は暖房もなく「身が引き締まる」どころでは有りませんでした。
鹿たちも座り込んで草を暖めて?ました。



  


Posted by 李欧 at 18:16Comments(2)古寺仏閣
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ