2011年01月29日

たけのこ白菜

たけのこ白菜なるものがあると言うので「田仲ガーデン」の収穫に同行しました。
六甲アイランドの倉庫の一隅にガーデン(畑)はありました。田仲さんが仕事の合間に手入れして25年。
今は冬野菜が青々とした葉を見せていました。

白菜の種類です「王将」。これから内側に葉が巻いて白菜の形状になります。

大きな倉庫の作業場の南面、日当たりのいい田仲ガーデン。小さいけど種類は豊富です。


採り入れた「たけのこ白菜」。隣の普通の白菜と比べてみて下さい。
シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。


小振りだけど美味しい「青首大根」と「普通の大根」



「紅化粧」は外は赤いけれど中は白い。
逆に外が薄赤の大根は中は真っ赤です。

壬生菜。



水菜。

田仲ガーデンでは、ブロッコリーやカリフラワーも、もう直ぐ実ります。
ソラ豆、スナップエンドウ、枝豆などの豆類も出番を待っています。

キャベツ。これから内側に葉が巻いて完成。


都会の真ん中で収穫が出来るなんて。。。。
取れ採れを食べて大満足。いい体験でした。
  


Posted by 李欧 at 16:27Comments(0)四季の花

2011年01月20日

パルヤマトのりんご

「りんごを食べる人、医者知らず」と言われます。

今は「サンふじ」や「王林」が美味しい。今日は1個88円でした。

毎朝りんごを半分食べています。
ここは夏場もりんごが有り、安くて美味しいので利用してます。

パルヤマトは知るひとぞ知る「魚が安くて新鮮で美味しい店」。
居酒屋などのお商売の人も多く買いに来る東神戸のチェーン店です。
ここ阪神御影駅の南のほかにも、新在家(六甲道)、青木、芦屋にもお店はあります。


野菜や魚の品質に間違いはない。日替わりセールもあると言うから家計には嬉しい。

この小さい「御影店」が第一号店だとか。
お近くにお越しの節はどうぞお買い物して下さい。
日曜休みです。夜は早い目に閉まります。


パルヤマト御影店のちょっと東にあるのが「とりせい」です。

生肝・生ズリなど鶏のお刺身が美味しく、親子どんぶりも大小あって胃に優しい。
作り手の山地裕介君は若いけどかなりの職人。いろんな好みにも応えてくれます。
お酒も豊富で、ソーダが能勢ソーダなのも気に入ってます。


鶏清 月曜定休  078-857-3741
パルヤマト御影店 078-842-2300 阪神御影駅の南 信号渡った直ぐ右手




  


Posted by 李欧 at 16:23Comments(0)美味しい店

2011年01月11日

十日戎

新装なった神戸「柳原のえべっさん」に行くべきところを、つい便利な西宮神社の十日戎に行ってしまいました。
えべっさんにお参りするのは初めてです。


えべっさんはお商売している方が行くもの、と思ってたので今まで1度も行ってなかったのです。
ところがどうしてどうして、誰もがお祭り気分でお参りしている賑わい。
驚きました。

阪神西宮駅から神社までは、屋台や出店がぎっしり。人出もぎっしり。
やっと鳥居までたどり着きました。


昨年のお札やお飾りを返却する場所が2ヶ所。大規模な「燃えるゴミ」置き場のよう。

なかなか進まない列に並ぶこと20分あまり、ようやく本殿にたどり着きました。


右と左に「お祓い」をする人がひとりづつ、皆、頭を祓ってもらいたいので、ここもまた行列。


ようやく神殿に。
さすがに数ある戎神社の発生・本家だけに風格あるお社です。
この下にお賽銭箱があり、遠くから硬貨を投げる人が多いので、最前列の人は当たって「痛い!」だろうな。


神殿左側には西宮戎だけの特徴らしい本物の「大まぐろ」が奉ってあり、なぜか硬貨がベタベタ。

誰がどのように食べるのだろう。

本殿を出るとお目当ての「お札・お守り・おみくじ」と「福笹」売場。


商売繁盛!笹持って来い!
綺麗な福娘が福笹を売っていました。一番安くて¥1,000.


広い境内は「お店」「屋台」「縁起もの」を売る店が所狭しと並んで、参拝者のお祭り気分を煽ります。


いやはや、こんなに大規模で華やかな十日戎だとは思っても見ませんでした。
大阪の今宮戎になると狭い境内はもっと混雑してるのだろうか。
手足が冷え切り、熱燗が恋しくなりました。
もちろん帰りに飲みました、が。
  


Posted by 李欧 at 17:13Comments(2)古寺仏閣

2011年01月03日

東海道・有松宿

名古屋市・緑区の有松に行って来ました。


ここは古く東海道の宿場町で「有松絞り」でも有名なところです。

名古屋から名鉄で30分。名古屋市の東南のはずれです。


駅前の十字路を曲がると、先ずこんな風景が飛び込んで来ました。それだけでタイムスリップです。

たくさんの有形文化財が点在する街道筋。井桁屋。


大晦日だったので、残念ながら「鳴海・有松 絞り会館」は休館。
神半邸を裏から見たところです。


竹田邸


江戸時代の代表的な商家・岡邸。現在も人が住んでいました。


屋根の上には古い行灯看板が。


小塚邸には隣家との火災予防の「うだつ」が見られました。


からくり人形を乗せた数台の「「山車」が10月には町を練り歩くそうです。見てみたいなあ!

唐子車の山車を収納している倉庫。

駅前には「絞り」を売っている「「やませい」がありました。

ご主人は80歳。今日で店を閉めて引退するそうです。
やませいは駅前から本店に場所を変えて営業。
名古屋市の河村市長もここの有松絞りのネクタイをご愛用だそう。

絹製品の有松絞りは「浴衣」が代表格。
女性用・男性用とあり、3万~5万(生地だけ)で総絞りの浴衣は見事です。


東海道の宿場町、初めて訪れた古き良き町並みでした。

  


Posted by 李欧 at 17:44Comments(0)旅 我流

2011年01月02日

櫃まぶし

名古屋の「うな善」に櫃まぶしを食べに行きました。

うな丼をある程度食べた後、お茶漬けにして食べます。最初からお茶をかけて食べてもいいけど・・・。

名古屋駅前、広小路に面した「うな善」。


結構、庶民的な店ですが店内は清潔で綺麗で、お魚もあるのが嬉しい。
ますは平目のお刺身と地酒で。


肝焼きは静岡産。苦味が美味しい。


蒲焼定食は、ぶり大根、もずく、肝すいも付いて¥3,000.



櫃まぶし(並)¥2,200
ランチもあります。

うな善 052-551-5235 広小路 かに本家の隣です。  


Posted by 李欧 at 10:53Comments(0)美味しい店
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ