2010年08月29日

フランダースの光

エミール・クラウスの「ピクニック風景」に魅せられて姫路市立美術館に行って来ました。
明日で終了と言う1日前の展覧会「フランダースの光」~ベルギーの美しき村を描いて~

1887年頃の作品。
ところが、説明を読むと、川の向こうの都会から来た人々のピクニック風景を眺める地元の農民たち、と説明が・・・。
農民たちが主役なのに変だなあとしっくり来ませんでした。楽しそうなピクニック風景を見る農民たちのほうが生き生き
描かれてるのに。

エミール・クラウス「夏の夕暮れ」1895年。

点描で描かれたクラウスの世界は、光と色が優しく細かい。

ジョルジュ・ミンヌ、 ヴェレリウス・ド・サードレーヌ、 ギュスターブ・ヴァン・ド・ウーステイヌ、エミール・クラウス、 レオン・ド・スメット、 ギュスターブ・ド・スメット、 フリッツ・ヴァン・デン・ベルグなど、これまで聞いたことのない画家の作品が90点ほど展示されていて、それなりに見ごたえはありました。

ウーステイヌ「春」1910年

7月10日から開催されていて、もっと早く観に来たかったのだけど、なにせこの暑さ!
閉会1日前になりましたが、それでも姫路駅から美術館まで歩くと、もう汗、汗、汗!
帰りはバスにしました。

クラウス「刈草干し」1896年

クラウスのアトリエ「陽光館」には、日本の画家「児島虎次郎」や「太田喜二郎」も滞在して点描の勉強をしていたとかで、二人の作品も6点展示されていたのが興味深かった。

美術館から見た工事中の姫路城。


世界遺産・姫路城は只今リニューアル工事中。
足場を見ればどれだけ大きなビルと同じくらいか分かります。
子どもの頃から何度も天守閣には登っていて良かった、と思いました。
  


Posted by 李欧 at 15:07Comments(0)観に行く

2010年08月19日

大陸風

中国郷土菜館「大陸風」(タァ ルゥ フォン)に行きました。


中国調味料・味覇(ウェイパー)でお馴染みの廣記商行の鮑悦初・社長から
直営店が大阪にあると伺ったので、一度行ってみることにしました。
遼寧省の特級厨師・孫甲朋さんがシェフの腕を振るう「東北三省」の料理が
メインで、これは日本では珍しい。

四川料理に似ていてスパイシーなのが特徴です。

先ずは私の好きな「ピータン」から。

次は、よだれが出るほど美味しいからと「よだれ鶏」。
唐辛子だけではないスパイスにピーナッツが振りかかり、
底には蓮根もたくさん敷いてありました。適度な辛さが夏には美味しい。


特製「肉だんご」。日本ではここでしか食べられません。
豚のミンチと卵白がふわふわした食感。淡白なスープに白菜が打ってつけ。
但し、ソフトボールくらいある大きさなので一人では無理かも。


「海老の唐辛子炒め」。
頭も尻尾もまるごと食べられます。


野菜と海老を食べた後には、こんなに唐辛子が残りました。
でも決してヒーヒー言うほど辛くはありません。


大方は唐辛子っぽいメニューが多いのですが、それでも日本人の舌に妥協したくない
と言う方針で進めてるそうです。

写真入りで分かりやすいメニュー。

2階には団体席もあり、この日も中国人の団体が10名ほどで来てました。


中国本土に行って「もう中国料理は口に合わなくてかなわんかったー!」と言う人には無理かも。
でも私はとても美味しく頂けました。

店長の陳則秋さん。
日本語は完璧ではありませんが、とても親切で料理の知識も豊富です。

久しぶりに中国へ行った気分になりました。
上記料理とビール・日本酒・紹興酒で2人で7,500円。

地下鉄「南森町」3番出口。りそな銀行の斜め前。商店街に面してます。
℡ 06-6358-1988

私より人気のあるブログ
知人の阿智胡地亭さんのブログも見て下さいね。大陸風が紹介されています。
http://blog.goo.ne.jp/achikochitei/e/edcf501755f965eaca9a2890ba4d94eb

  


Posted by 李欧 at 19:04Comments(0)美味しい店

2010年08月16日

龍安寺

湿度が90%はあろうかと言う日に、石庭で有名な京都・龍安寺に行きました。

石庭・左半分


石庭・右半分

世界文化遺産に登録されている龍安寺は、お盆休みのせいもあり、
世界中から観光客が集まっていました。

石庭前の広い縁側も超満員。

随分前に来た時はゆっくり座って鑑賞できたのですが、
今回は暑いのと混雑してるのとで、早々に引き上げました。
なにせ、じっとしていても頭から滂沱の汗。
「心頭滅却すれば火も亦た涼し」とは龍安寺と同じ臨済宗・妙心寺派の教えだが、
凡人には火はやはり熱いのだ!冷えたビールが欲しい!

イタリア青年のシャツの背中が汗でぐっしょり。背中の筋肉も透けて丸見えって感じ。
誰も彼も夏の京都の湿度には「うんざり」した表情でした。
それにしても欧米の観光客の多さよ。金閣寺まで徒歩で行ける距離なので、ついで見学が多いのでしょう。
私はバスで1停留所の「堂本印象」美術館から徒歩で来ましたが。


昔はおしどりがたくさん泳いでいたからと「おしどり池」は緑の水面に蓮がいっぱい。
午後3時には花が閉じてしまうので開花してるところは見られませんでしたが、
朝ならさぞ綺麗だったでしょう。
正式には「鏡容池」と呼ぶそうですが、龍安寺のもうひとつの見どころです。
楓の木が池の周りにいっぱいあるので、秋はさぞかし錦秋模様が楽しめることでしょう。
蒸し暑くもないしね。

鉢植えの蓮の蕾。


それでも咲き誇る蓮の花を見つけました。


大雲山「龍安寺」 HP http://www.ryoanji.jp/
  


Posted by 李欧 at 16:11Comments(0)古寺仏閣

2010年08月15日

堂本印象美術館

京都府立「堂本印象」美術館に行って来ました。


堂本印象 明治43年京都生れの日本画家
初期は日本画の大作が多くあるが、1950年代にヨーロッパに旅行して以降は具象にも進出。
今回は「こころをかたちに」~新造形の誕生~と言う企画展で、彼の後期の作品ばかりの展示でした。



ちょっと変わった外観の府立「堂本印象」美術館。立命館大学・衣笠の真正面にあります。


苔寺、法然院、東福寺、東寺、高野山根本大塔、信貴山、四天王寺、宮内庁、最高裁判所などの壁画や襖絵を数多く描いており、それら初期の日本画が見たかったのですが、それはお蔵に入っており、今回はヨーロッパ旅行以降の作品が中心。
ただ、玄関には大阪・玉造教会のガラスの壁画模型が展示してありました。

細川ガラシャ夫人

高山右近

中央祭壇の左右に対で並ぶ大作の一部です。

ヨーロッパ旅行中に描いた油彩も30点弱展示してありました。

トレドの家

堂本印象の新造詣の代表作品「交響」


この美術館は内部のデザインや装飾も印象が制作したらしく、どこを見ても斬新で変わっています。
2階の窓。


ガラス扉の取っ手はデザイン陶器


文化勲章も受章した堂本印象の世界、初めて接したのですが、なかなか面白く興味深く過ごせました。
府立「堂本印象」美術館公式HP http://www2.ocn.ne.jp/~domoto/  入館料¥500

  


Posted by 李欧 at 15:41Comments(0)観に行く

2010年08月09日

海上花火大会


みなと神戸・海上花火大会に行きました。
普段なら大混雑の場所には行かないのですが、席が用意されていて後に食事も付いてると言うので思い切って出かけました。
花火大会などは十数年ぶりです。


デジカメで花火など撮れるのかな、と思ってましたが、そんなに臨場感はないものの、雰囲気だけは出てるかな?


メリケンパーク・オリエンタルホテルのテラスから見た50分間の夏の風物詩。ブログでは大音響が聞こえないのが少し迫力不足ですね。


それにしても最近の若い女性は、なぜあんなにだらしない浴衣の着方をするのだろうと・・。
誰も彼もが同じようなスタイルで、キリッとしたところや清潔な色気が足りないと思うのは私だけでしょうか。
子どもの浴衣姿は相変わらず可愛いのに・・。

おっとイケナイ!年寄りの愚痴が出てしまいました。  


Posted by 李欧 at 17:32Comments(1)観に行く
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ