2008年10月30日

美人の泉・御影

阪神・御影駅・山側の「沢の井」モニュメント。
こんこんと湧き出る水は果たして本物の泉の水か!


駅の山側とは別に、阪神・御影の西高架下に、昔ながらの本家「沢の井」があります。


名前の由来には、はるか昔、神功皇后が化粧直しした際、この泉の水にくっきり御姿が映ったから「御影」だと・・・。
神功皇后が美人だったとはどこにも書かれていませんが・・・。
その後、南北朝時代に御影の名水を使った「酒造り」が起こり、この地域の氏に「嘉納」と言う名が与えられたとーーーそれで納得!


嘉納と言う名は「白鶴」や「菊正宗」でもお馴染み。そこで「ウィキぺディア」で検索。

*「本嘉納家が酒造業を始めたのは、万治元年(1660年)のことである。
 東灘・御影村で酒造りを始めたときの本嘉納の屋号は「材木屋」であった。本業は材木商。 その後100年 余り副業として酒 造りを続けた。副業とはいえ、工夫・改良を重ね、量産化にも成功。
 本嘉納は明和・安永年間には酒造り専業になり、屋号を「嘉納屋」に変えた。その30年ほど前の寛保3年(1743年)本嘉納の 分家・白嘉納が「白鶴」の醸造を始めた。」 とあります。

つまり、「菊正宗」が本家で「白鶴」が分家だったそうです。

それぞれの資料館は今も、阪神・御影~阪神・魚崎の南側に一般公開されています。

嘉納財閥が「灘中・灘高」を創設し、親戚にはあの「講道館」の嘉納治五郎もいたと言う。
嘉納家と櫻正宗の「山邑(やまむら)家」は現在の東灘区の名家だったのだ!!

今は庶民の町になっている阪神・御影。
「阪神百貨店」が出来て夜9時まで営業。1階のパン屋「ポンパドール」(神戸阪急にもある)はバゲットが美味しいと評判です。
魚類も新鮮で閉店間際には安売りもしてます。


でも、魚ならやっぱり「パル・ヤマト」が新鮮で安い。
「六甲道・桜口」「阪神御影」「阪神芦屋」のパルヤマトをご存知の方も多いことでしょう。


気安い居酒屋も多いので、一度「阪神・御影」にどうぞ。





  


Posted by 李欧 at 14:31Comments(0)ぶらりご近所

2008年10月26日

神戸・菊花展

水墨画のような世界に菊飾る(盆栽菊)


兵庫県庁の北側「相楽園」の神戸・菊花展。
定番、大輪の花々、菊花展と言えばこの画像!


いろんな種類の菊が咲いています。糸菊。


一文字菊。


懸崖の菊


盆栽菊。


可憐な小菊の集まり。


明治末期に完成した「相楽園」は元・神戸市長「小寺謙吉」氏の先代の邸宅。
園内には旧・小寺家の厩舎もあります。


姫路藩主が河川での遊覧に使っていた「川御座船」の屋形部分もここに移設されています。


回遊式庭園の木々は紅葉が始まっていました。


19,566㎡の敷地を持つ神戸市立「相楽園」正面門。
神戸菊花展は10月20日~11月23日まで。¥300


ソフトクリームのような大輪の菊の渦巻く花びら。




  


Posted by 李欧 at 20:47Comments(0)四季の花

2008年10月24日

生活防衛

アジア欧州会合(ASEM:Asia-Europe Meeting)が北京で始まった。

(NHK・TV-19:00NEWS)
24日終了時で日経平均は遂に8,000円を割り7,649円まで下がった。
1ドルは91.73円の円高ドル安、またたくまに10円以上高くなった。ユーロはもっと差が出た。
来月の世界首脳会議では少しは光明が見えるのでしょうか。

高齢者や定年退職者で、外貨預金をしたり株や債権、投資をしている人も多いことでしょう。
定額収入がない人にとっては痛手以上の痛手、数百万単位の損失に陥ってる人も多いと聞く。
ちょっとくらい「持っている」人にとって、しばらくはこんな八方塞がりの時期が続くのでしょう。

倒産した「リーマン・ブラザーズ」の初代日本人社員OBに聞くと「死ぬまでには元本保証ラインまで上がるでしょう」と暢気な話。
ま、長~い目で見れば辻褄があうように出来ているのでしょう、我慢、我慢!

それでも「ないものはない」ので、個人の生活防衛を考える必要も生まれます。何を切り詰め何を切り捨てるか。本格的な不景気時代、それぞれが知恵を絞って対応していく他ないと思われます。

こんな時こそ、何処かにお金のかからない楽しみや生き甲斐・趣味を見つけて生きて行くのが愛しい庶民の性、それも元気で健康にと言う仮定の下で。ああ無情!
鬱になったり、やけくそになるのが一番ヤバイのは良~く分かっていますよ。



  


Posted by 李欧 at 20:04Comments(0)日々の雑感

2008年10月22日

水道筋の隠れ家

私的には「能勢ソーダ」が出る店、と言うことで座布団10枚!でした。

「カナダドライ」「ウィルキンソン」「サントリー」など、ソーダにも色々あれど、発泡の勢いが一番いいのが能勢酒造の「能勢ソーダ」。バーでもこれを置いてる店はそうそうないのに「食べもの屋・彩菜」で美味しいノセ・ソーダに出会うとは!
泡盛のノセ・ソーダ割り、不思議にマッチします。実は能勢SODAの卸販売酒屋さんが近所にあるのです。

阪急王子公園に住む知人の師匠の案内で「彩菜」に行きました。

小奇麗な店内、豊富なメニューとお酒、すばやい対応など、とてもシェフ独りで切り盛りしてるとは思えない。余程、料理への思いが濃いのだろう。
どちらかと言えば普段は「むっつり」していて話かけにくいシェフが珍しいことに笑ってくれました。

彩菜オリジナル一品もたくさん有り、料理に工夫の跡が見られるので気に入ってます。
とは言え、肩の凝らない明るい雰囲気があるのは可愛い内助の功があるからでしょう。


遊食屋「彩菜」(さいな)ではなく(さいさい) 阪急王子公園から水道筋商店街へ向かって、アーケードが始まる手前南側2F。
078-802-0279

王子公園には、庶民的な居酒屋「ぺんぺん」もあります。
阪急東口の直ぐ南にあって看板は出ていません。
ここは完全に飲み屋の雰囲気で隣どうし肩が触れ合う狭い場所。

若いマスター「大ちゃん」ファンの女性客も多くいつも賑やか。
勿論、若いサラリーマンや近所のおばさんも気軽に立ち寄ります。
ちょっといっぱい!とにかく安い!。




  


Posted by 李欧 at 10:56Comments(3)美味しい店

2008年10月21日

大仏殿

夕陽の大仏殿

世界遺産・奈良の東大寺の閉門時間17:00まであと15分、ぎりぎり間に合った。ひと目会って行こうと・・・。大仏殿の駆けあし詣でです。

南大門の仁王さん(金剛力士像)は相変わらずデカイ。運慶・快慶の「阿吽(あうん)形像」の吽形像。

ここの仁王さんは南向きではなく向かい合って立っています。

驚いたのは大仏殿の中は撮影自由。ただ、どの像も大きすぎてカメラのフラッシュが届かない。
「フラッシュなし」で撮るには夕方は暗すぎて結局大仏さん「盧舎邦仏」は写せずじまいでした。
大仏殿の四隅を守る「増長天」と「持国天」は復旧途中で首だけ展示、「広目天」と「多聞天」だけが西北と東北に堂々たる姿で睨みを利かせていました。

西日の当った「広目天」。


とにかく大きい東北隅の「多聞天」(毘沙門天)。


大仏殿の柱の穴をくぐりぬけると子どもの「おねしょ」や「厄除け」になると言われています。外人が騒いでるなと思えば、何と大人の女性がくぐりぬけ成功したところでした。普通は子どもしか挑戦しないのだけど、ね。


すべてのスケールが並外れて大きな大仏殿。蓮をかたどったお供えに止まっている蝶々に目をひかれ。


この日は午後7時からクラシック市民コンサートが開かれるとかで、大仏殿前では多くの椅子が並べられていました。
会場中央の「八角灯籠」はわが国最古最大の鋳銅製灯籠で、凄い値打ちもんだけど意外と見過ごされがちだそうです。


奈良市内のどこからでも見える大仏殿の「鴟尾(しび)」が夕陽を受けて金色に輝いていました。


東大寺は大仏殿以外にも多くの見どころや仏像があります。駆け足ではなく次回はゆっくり御参りします。
10月25日(土)からは東大寺前の「国立博物館」であの有名な正倉院展も開催!

帰り途、「興福寺の五重塔」がライトアップされてました。


「猿沢の池」の柳が灯りに浮かんで、旅情を誘います。


来年3月20日からは、阪神・近鉄が相互乗り入れ、三宮ー奈良間に難波経由の直通電車が走ると言うので期待してます!!



  


Posted by 李欧 at 11:37Comments(0)古寺仏閣

2008年10月20日

コスモス寺

般若寺~コスモス寺~

奈良の般若寺は「「コスモス寺」とも呼ばれ、国宝の楼門や「十三重石宝塔」が有名です。

境内はちょうど今、コスモスが満開。黄色い花は少ないのですが、赤やピンク、白い花がそれこそ「咲き乱れて」いました。

ずらり並ぶ観音石仏とコスモス。

国宝の楼門

かなり広い境内は、それこそ「コスモスだらけ」。
自然の中の「コスモスの丘」とか言うのではなく、なまじお寺の境内だけに花にも何やら宗教色を感じました。
パンフレットには「歴史ある花と仏の浄刹」と表現してありました。


奈良・般若寺 近鉄奈良からバス「青山住宅行き」10分 頻繁

般若寺の真ん前にある「植村牧場」 ここは予期せぬ拾い物でした。

とにかく「ソフトクリーム」¥300が美味しいのです。
甘くなく、こってり濃く。これこそ「地産地消」、牧場だけに裏では乳牛がたくさん飼育されていました。

牧場なのに子どもたちのために「子馬」も飼っていました。

植村牧場では、他に牛乳やチーズも売っていてカフェも経営してます。布袋腹したカフェのシェフ像。

大好きな乳製品 私は「くるみ入りチーズ」¥700 をお土産に買いました。
  


Posted by 李欧 at 17:39Comments(0)四季の花

2008年10月18日

明石海峡大橋

明石海峡を渡る播但汽船から大橋を見上げると・・・こんな感じ。


いつもは神戸側から見ているけれど、反対の淡路側から見ました。
岩屋漁港から。


淡路へフェリーで渡るならお馴染み「たこフェリー」があります。


岩屋のシンボル「絵島」。てっぺんに鳥居があります。


遥か神戸が蜃気楼のように見えます。新長田あたりかな。

須磨の鉢伏山の西に広がる垂水・舞子・明石のマンション群は、四国・淡路方面から来た人の目にはにはどのように写るのでしょう。


淡路インター・サービスエリアにある大観覧車にも電飾がつき始めました。そろそろ引き上げようかな。


明石ー岩屋 播但汽船で13分、450円。
たjこフェリーは人だけ乗船なら380円。
高速舞子ー岩屋 高速バス 400円。

岩屋は割りにお寿司屋が目立つ町で、美味しい店を探すのも楽しいかも知れません。
大橋の下には「道の駅」もあります。
防波堤や波止には釣り人が多く、大阪あたりからも来ているみたいです。
野菜や花、淡路牛・海産物などをちょいと買出しに。散策も含めて往復3時間もあれば。


  


Posted by 李欧 at 23:00Comments(0)ぶらりご近所

2008年10月16日

たまご焼

明石では、たこ焼・明石焼のことを「たまご焼」と呼ぶそうです。

おつゆ、ソースどちらでもお好みで、15個で480円。
山崎バニラにそっくりな声(顔も似ている)のお姉さんが歌うように作ってくれます。

魚の棚のお店。こんな専門店が6~7軒はあったけどレトロな感じに誘われて入りました。


「うおのたな」と書いて「うおんたな」と読む。ついでがあったのでちょっと足を伸ばしました。

今は「太刀魚」が美味しい。友人の釣師に聞くと、引きが強く取り扱い注意の鋭い歯を持つとか。

おなじみ「明石の蛸」


明石の「魚の棚」は、タイやタコで有名で近隣からも買い物客が大勢来ます。
時には水揚げが少ない日もあるので、魚を揃えるため(期待に答えるため)他の地域から取り寄せることもあるそうです。
垂水の昼網に比べてちょっと高めなのもそんな魚の棚の「有名税」なのかも知れません。  


Posted by 李欧 at 10:09Comments(0)ぶらりご近所

2008年10月13日

外壁工事

秋晴れのこの時期、あちこちのマンションで外壁工事のネットを見かけます。
築何年かを経て外壁を塗りなおしたり手直しするのは、ひとつには、外壁面の強化であり、もうひとつは外見を綺麗にして資産価値を上げると言うものです。

あっちもこっちもネットを被ったマンション。

人間も年を重ねると「外壁工事」は可能ですが、内面工事もキチンと出来るかどうかはその人に拠りますね。
  


Posted by 李欧 at 19:21Comments(0)日々の雑感

2008年10月12日

あざ笑う

尼崎の「武庫川コスモス畑」
河川敷の広大なコスモス畑には「まだ早いよ!慌て者め!」とあざ笑うかのように1輪だけ咲いてました。


地元のボランティアの人たちのお世話で綺麗なコスモス畑があちこちに散らばっています。



見ごろは10月下旬以降。今はまだ「つぼみ固し」。

この辺りは昔の西国街道の「髭の渡し」のあった場所。

「庚申様(?)」の像と常夜灯がかつての渡し場跡にあります。


阪神間で一番大きな川と言えば武庫川。
特に尼崎側の河川敷は良く整備されて市民の憩いの場所になっています。

♪俺は川原の枯れススキ♪ならぬ実りススキ、穂が夕陽を浴びて光っていました。


コスモス畑は「空振り」に終わりましたが、武庫川の岸辺には咲いてます。ピンクのコスモス。

赤いコスモス。


武庫川コスモス畑 阪急・武庫之荘からバス。西国街道から新幹線を越えて少し北側。
河川敷は晴れていれば絶好のハイキング・コースになるでしょう。


  


Posted by 李欧 at 21:21Comments(0)四季の花

2008年10月05日

屋根の上のバイオリン弾き

シャガール「ユダヤ劇場の壁画」から「音楽」


兵庫県立美術館の「シャガール展」に行って来ました。
ロシアの貧しいユダヤ人家庭の8人兄弟で育ったせいか、初期の作品を見ると、何故かどこからかミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の「サンライズ・サンセット」のメロディーが聴こえてきそうな気がしました。

代表作「街の上で」の左下方の塀の下、お尻をまくって用を足してる小さな人物を見たとき、シャガールの画の茶目っ気・風刺性を見た気がしました。注意して見ると画の何処かに小さな動物や人物が茶化すように挿入されているものが結構ありました。
それは生涯ユダヤ民族と言う枷から逃れられなかったからでしょうか。
*上記 壁画の「音楽」の左上、家の外でも同じようなお尻まくりがいるよ、と展覧会を見た人から指摘がありました。

「街の上で」
 小さすぎて尻まくり人物は確認できないでしょうが、現物は大きな画なのでハッキリ分かります。

今回はロシアとフランスから約150点の作品が集められていますが、97歳まで生きた大御所シャガールの作品の中で、個人的には「ユダヤ劇場の壁画」全7点 が一番好きでした。

さて、安藤忠雄氏設計の「兵庫県立美術館」は何度訪れてもややこしい建物で、氏の個人的名声優先のような気がしてなりません。いわば観客に不親切なんです。階段や狭い通路が冷ややかに迎えてくれると言う感じです。コンクリートの打ちっぱなしと言う安藤氏の建物の特徴が「人を拒絶してるような」印象を受けるのです。


何処からか金木犀の香りが漂う秋。秋の夕陽はつるべ落とし、ああ、暖かい灯の下で美味しいものが食べたい!


シャガール展は10月15日(水)まで。金・土はPM8:00まで。




  


Posted by 李欧 at 13:37Comments(0)観に行く

2008年10月03日

だだっ広い公園

堺の府立・大泉緑地は特に何があるわけではないだだっ広い公園です。


TVで彼岸花が咲いてると報じられていたので足を延ばして来ました。


赤い花はお馴染みですが、これまで見たことのなかった白い彼岸花も咲いていました。

彼岸花は曼珠沙華とも呼ばれ、赤い曼珠沙華は何やら毒々しい「業」のようなものを感じると思ったらやはり毒草でした。

有馬稲子さん、舞台「はなれ瞽女(ごぜ)おりん」は舞台が傾いたまま膝を打つ所作が多いので、どうしても膝に水が溜まりやすくなる、鹿児島公演の時に親しいお医者さんに聞いたところ「彼岸花の球根を足の裏に貼るといい」とのことで早速包帯で巻いて寝たところ翌日膝の水が降りて良くなってたと・・・・。
毒は同時に薬にもなります。


広大な敷地の北部はこれまた広い蓮池です。

遊戯施設があるわけじゃなく、動物園や植物園もない。
申し訳程度のレストランと園芸相談所がある大泉緑地は、平日の午後はリタイアした人たちが思い思いに将棋など楽しんでいました。


敷地内の小川で小鳥の水浴びを撮る写真同好会の人たち、近隣ハイクを楽しむ老夫婦、放課後の楽しみ・自転車で走りまわる小学生など、ごく普通の公園活用術が見られます。

広い森のあちこちには散歩道があり、誰も歩いてないところも都会の真ん中にある緑地なのに不思議な感じです。


敷地が広いだけに花より緑のほうが目立つけれど、それでも園芸員が居て草花の手入れをしていました。

全然目立たない「植木市」も隅っこに開店してました。

森や池があるだけで他には何もない、と言うのもまたいいのかも知れません。

「大泉緑地」 地下鉄・御堂筋線「新金岡駅」から東に1キロ。入園無料。

  


Posted by 李欧 at 12:24Comments(0)ぶらりご近所

2008年10月03日

元本割れ

木の上の猫(大泉緑地の森で)

アメリカの金融不安が世界へ影響を及ぼしている。
外貨預金・株や債権、投資家の中には元本割れで悩んでる人も多い。
右を見ても左を見ても不景気な話ばかりで「ごめんなさい」
こんな時は木に登って不景気の波が通り過ぎるのを寝て待とうか。
でも、いつまで待てば?困ったニャン!

  


Posted by 李欧 at 10:23Comments(0)日々の雑感

2008年10月02日

うつな気分

大泉緑地の白い彼岸花


「老人性うつ」と言う言葉がある。
身体の老化現象と表裏一体だそうで、むしろ「うつ」から老化になる場合も多いと言う。
作家の五木寛之氏(76歳)がTVで言ってました。(あの五木寛之でさえ「うつ」に陥った経験がある)
「自分はもう今の時代に必要とされていないのではないか」と言う不安が引き金になって「うつ」に。
その克服方法は、少しでも嬉しいことがあるとそれを一行でもいいからノートに書き記した、と。
「ああ、世の中にはこんなに小さな喜びもある」と心が動くことでまた気分が快復して行ったそうです。

二度目の「うつ」のときは、今度は嫌なことを徹底して書いて行ったと。そこで気付いたのが、「うつ」とは心が停滞してしまうことだ、嬉しいこと悲しいこと嫌なこと、何でもいいから心が流動する状態になっていれば「うつ」には陥らないと言う発見だった。

大泉緑地の赤い彼岸花


「自律神経失調症」「不安神経症」はストレスの多い現代人なら誰でも陥ると言います。
心を動かす・・・精神を停滞させない。
若者や時代の流行に倣うのではなく、自分に合った心のマッサージ方法を見つけないといけない。

  


Posted by 李欧 at 10:24Comments(0)日々の雑感
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ