2016年11月04日

女人高野 慈尊院

弘法大師〈空海)の御母公をお祀りする九度山の慈尊院に行きました。

慈尊とは弥勒菩薩の別名で、ご本尊は木造弥勒菩薩座像(国宝)です。
当時は高野山の七里四方は女人禁制なので紀の川のほとり九度山にお母さんのために慈尊院を建立したとと言う(816年)。

今は世界遺産にも指定され、平山郁夫画伯が書いた石の書も境内にはありました。


多宝塔

鐘楼

NHKの大河ドラマ「真田丸」ブームで九度山への道は九度山町に入ると凄い渋滞で全然進まないので、諦めて逆走。紀の川を大きく迂回して慈尊院に行きました。参拝客も少なく駐車場も空いてました。

こじんまりした境内はそれでも何だかパワーポイントのような雰囲気でとても心が癒されました。

女人高野だけあって、安産や子宝祈願のためか、こちらの絵馬は乳房です。

拝殿

昨年の同じ時期にも九度山を訪れましたが、まだ大河ドラマが放映されてない時期だったので人も少なくゆっくり散策出来ました。
そして昨年も買った「紀の川柿」をJA紀の川の道の駅で今年も買いました。中身が黒くとても甘い柿です。なんばの高島屋で買うと凄い高価らしいのですが、現地で買うと6個で450円でした。


慈尊院 http://jison-in.org/about/top.html

  


Posted by 李欧 at 13:41Comments(0)古寺仏閣
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ