2010年03月28日

天神橋筋 酒房「竹うち」

今、大阪で気に入ってるお店、それは酒房「竹うち」です。

¥350~¥450の小鉢の種類も多く、どれもが程よい味付けで「美味しい!」と感じます。

若いご主人は新地で修行を積んだだけあって、どことなく割烹の雰囲気が漂う。燗酒もチロリで出て来ます。


この日、オーダーした小鉢は「えんどう豆の卵とじ」と「菜っ葉のたいたん」。


とり貝とわけぎの酢味噌。


メインは今が旬「桜鯛」のお刺身 ¥1,200


美味しいのでお酒も進み、次々と注文してしまいます。

新鮮な鯵のフライ。

箸休めに「若ごぼうのキンピラ」。


「こぶ鯛」の味噌漬は、絶品でした。


地酒「紀伊国屋文左衛門」 ¥700


燗酒に地酒、芋焼酎も飲んで「ちょっと食べすぎかな?」と友だちと喋りながら最後に「目板カレイの唐揚」を。
これで。この日は合計¥7,000でした。


いつもなら最後に「鯖の棒寿司」を食べるのだけど、今日はこれで満腹!

和歌山出身、剣道部の後輩・先輩夫婦だけでお店を切り盛りしてますがどちらも感じが良い。
湯浅港の漁師さんから魚が届くだけあって、魚自慢の「竹うち」、30代から60代まで、お客さんも味を知ってる感じです。


小さいけれど清潔な店内、開店1年経っていません。
ただ梅田から行くには少しアクセスが悪く地下鉄「南森町」から歩いて10分ほどかかります。
天三商店街の「土居陶器」(看板はあるけど店は早く閉まります)を東に向かい、ファミマの四つ角を南に。
℡ 06-6809-1661  


Posted by 李欧 at 15:34Comments(0)美味しい店

2010年03月21日

川岸牧場

西脇の北にある黒田庄の「川岸牧場」に行ってきました。

某出版が「神戸ビーフ」の本を出すと言うので、そのお手伝いです。

前回の中西牧場は、去勢された淡路のオスの仔牛を肥育してるのに比べて、こちらは殆どが淡路から競り落としたメス牛です。

但馬牛は小振りなのが特徴。ぶくぶく太らせて肉を多く取る、と言う他地方の牛とは違ってます。

2年目に入ると出荷棟に移され、仲の良い2頭づつがひとつのブースに入って育てられます。
隣の牛と喧嘩しないように間仕切りは全て「木製」で目隠し。牛にも傷が付きません。


驚くほど清潔な牛舎。牛たちもストレスがないのか、寝転んでます。だから満杯なのに顔が見えません。


加古川の上流の堤防に沿って2棟。風通しが良く、静かで日光も良くあたります。
牛だって生きものです。環境が良いので280頭の牛たちはゆったり寝転び啼きません。


枝肉は主に東京方面に行くようですが、芦屋の竹園でも美味しい川岸牧場の神戸ビーフが食べられるそうです。


東京の卸流通「旭屋」のHPで川岸牧場は紹介されています。
http://www.kobe-gyu.com/tanbou/kawagishi.html
  


Posted by 李欧 at 13:50Comments(2)観に行く

2010年03月12日

阿修羅が観られる

3月1日に奈良・興福寺の国宝館が新装オープン!あの阿修羅像が直ぐそばで観られるようになりました。
東京・福岡・奈良の「阿修羅展」の過熱ブームは何だったのでしょう・・・と言う観やすさでした。


国宝の宝庫「国宝館」は、以前から観られた様々な素晴らしい仏像群に今回から「八部衆像」が加わり、ライティングや陳列にも工夫が見られ随分観やすくなっていました。



阿修羅像を中心に左右に3体づつ。7体の「八部衆」のうち少年は4体、表情が新鮮です。
「五部浄」像だけが胴体がないので、顔が隣のガラスケースに陳列されていますが、7体の国宝「八部衆像」は、そこだけ別世界のようで、奈良・天平時代にタイム・スリップ!同じ寸法の7体が居並ぶ光景に興奮とため息・・・でした。




興福寺・国宝館は年中無休。¥600 
平日でも観光バスの2~3台は来てますが、待ち時間なく入館出来て拝観も楽に出来ます。


関西の春は「お水取り」から。
奈良国立博物館では二月堂の「お水取り行事」(修二会)展も開催されていました。




阪神なんば線の開通から1年。奈良には座ったまま直行できる便利さで、乗客も増えてるそうです。


奈良県は平城遷都1300年祭が今年10月末まで開催され、季節ごとに公開される秘仏もあちこちの神社・仏閣で見られます。。
ぽかぽか陽気になればぜひ散策を兼ねて奈良を訪れて下さい。

  


Posted by 李欧 at 12:22Comments(4)古寺仏閣
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ