2011年02月24日

盤上のアルファ

神戸発!新人作家誕生。塩田武士(たけし)
「盤上のアルファ」講談社 ¥1,500 を面白く読みました。

第5回「小説現代長編新人賞」を選考委員の満場一致で受章したと言う作品です。

神戸の新聞社の文化部で将棋担当記者の秋葉隼介(しゅんすけ)とプロ棋士を目指す真田信繁、ともに33歳と言う二人の出会いと一人の女性を軸に物語りは展開します。


将棋には詳しくないものにも、一気に読ませる魅力が「盤上のアルファ」にはあります。
それは関西弁の持つ独特のニュアンスのせいもあり、「いてもたれ!」と扇子に書かれてる言葉や「おい、へたれ記者」など、ある種、胸のすく言葉が随所に出て来るところも親近感が持たれるからかも知れない。登場人物もけったいな人々が多く、最後ににはちょっとした仕掛けがあるのもエンターテインメント性があって、ちょっとあざといけれども痛快です。

書評には「荒削り」だとか「タイトルに必然性がない」とか「将棋場面をもっと多く」など見られますが、いずれも新人作家への期待度が多く込められています。

関学社会学部卒で神戸新聞社入社。1979年生まれの31歳。現役の記者。
秋葉隼介が自身の反映だとしたら、こんなこと書いてもいいのだろうか、と思わせる部分も多々あります。
神戸の町が頻繁に登場して、地元の人間には馴染みやすいのも神戸の書店で平積みしている所以でしょう。

第二章あたりから一気に読ませる魅力があるのは、著者・塩田武士の天性の才能かもしれません。
実姉はタレントの塩田えみさん。
今年の1月に単行本化されたので、まだ文庫本にはなっていませんが、神戸ファン、将棋ファン、関学OBには一度読んで頂きたい娯楽と文学が交錯するいい作品です。
  


Posted by 李欧 at 18:44Comments(0)BOOK

2009年01月11日

推薦します!女流作家

時代小説を書く作家は多い。英雄もの・剣豪もの・戦国ものなど、これまで男性作家が多かった。
読者も男性の熟年が多かった。しかしここに来て状況は変わって来ました。
勿論、昔も「平岩弓枝」「永井路子」「杉本苑子」「杉本章子」「有吉佐和子」「宮尾登美子」「北原亜以子」など有名女性作家はいたけれど、北原亜以子以外はちょっと薹が立ってるような印象を受けます。


江戸の庶民を描いた作品の人気が高い。それも市井の町人や商人や下級武士が主人公。
サラリーマン社会や働く女性の価値観と共通する点も多いからすんなり受け入れられるのでしょうか。
江戸時代が舞台なのに、はかなくて強欲な男女関係や耐える女に自立する女、現代社会と何等変わりはない。そこに推理や謎解きや捕り物が加わると更に話は盛り上がります。

推薦します。今人気の女性の時代小説作家。


函館出身の「宇江佐真理」はとにかく女性心理の描写がうまい。人気もある。彼女の文庫本は殆ど制覇しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E6%B1%9F%E4%BD%90%E7%9C%9F%E7%90%86

http://homepage1.nifty.com/naokiaward/kogun/kogun117UM.htm


ちょっと色気のある物語もばっさりあっさり書いて「諸田玲子」も最近人気上昇中!男性心理も良く分かってます。
http://www.r-morota.net/



ご存知「宮部みゆき」。当代推理作家NO.1の顔の他にも「時代小説」を書かせたらメッチャ面白い。超能力ものも「おどろおどろしい」時代ものも書くけど、とにかくこの人の小説は前半ダレテいても途中から面白くて、ぐいぐい引っ張られます。この人の本も全部読んでます。



名古屋出身の「澤田ふじ子」が何でこんなに京都のことに詳しいの?と感動さえ覚えるほど良く調べています。
古いお寺は今も同じ場所に残っているので物語の舞台や背景を訪ね歩くのも愉しい。いろんなシリーズがあるけど、特に「公事宿事件書留帳」と「高瀬川女舟歌」シリーズが面白い。澤田ふじ子の京都シリーズも出版が待たれます。
http://homepage1.nifty.com/kybs/sawada02.html



あまり書店で見つからないけど「松井今朝子」も見逃せない女流作家です。松竹に入社して歌舞伎関係にも携わっていたからそのあたりには詳しい。2007年、『吉原手引草』で第137回直木賞受賞。

なお、画像が必ずしも本人の代表作ではありません。文庫本化された最近の作品ではありますが・・・・。
「宇江佐真理」 「諸田玲子」 「宮部みゆき」 「澤田ふじ子」 「松井今朝子」 時代作家の女性5人衆。
とんかく面白いので、上記の写真に惑わされず、書店で「帯」や「背表紙の説明文」を立ち読みしてから選んで下さい。

なぜ江戸の人情物語に憧れるのか・・・それはもうお分かりでしょう。
失ってしまった「古き良き時代」だからなのです。








  


Posted by 李欧 at 22:25Comments(0)BOOK
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ