2009年11月29日

100%神戸ビーフ

100%神戸ビーフの「良光」(よしみつ)に行って来ました。
普段はお魚中心の食事ですが「たまにはいいだろう」と言うことで。

ヘレ、イチボ、赤味など、希少部位と言われる神戸牛は、後味が良く、まったくお腹にもたれないのは驚きでした。


先ずはビーフカクテル、ユッケのようなものにとろろがかかっています。この日、私は「熱燗」を頼みましたが、肉料理にも違和感なく、美味しく飲めました。


肉のコンフィやゼリー風吹き寄せなど。傘と紅葉が可愛い。


ビーフ・コンソメ。


チーズの入ったサラダ。


そして、6種類の薬味とともに味わう「神戸ビーフ」。私はワサビと醤油が美味しく感じました。(画像では少量乗ってるだけだけど、次々に切り分けられてお皿に載せてくれるので誤解のないように・・・)


冬野菜の「小鍋」。


ガーリック・ライス。
最後に、果物とコーヒーも付きます。

この日は「海岸通コース」で、18,900円。
12月29日までは開店一周年記念フェア、お土産「神戸ビーフのそぼろ煮」も嬉しいプレゼント。


「良光」は大丸神戸店の直ぐ南「アーバンテラス神戸・旧居留地ビル」(1FにD&Gの入ってるビル)の5階。
なるほどテラスもあり、12月3日からの「神戸ルミナリエ」期間中はさぞいい眺めになることでしょう。


お店を囲む野外テラスは広く、「ここを活用しない手はないのでは?」と申し上げておきました。


料理長の大西浩司氏。鮮やかな手さばきです。



鉄板カウンターがメインですが、個室やテーブルもたくさん有ります。

「良光」 http://yoshimitsu-kobe.jp/
078-321-4432 ランチメニューは ¥2,500~。

「コールドビーフ」や「シチュー」「牡蠣」や「鮮魚」などの「アラカルト」メニューもあります。
食肉卸大手の「帝神畜産(株)」の直営店だからこそ美味しいお肉が食べられると聞きました。

それでも庶民に取っては「毎日」と言う訳にもいきません。

「ぐるなび」 http://r.gnavi.co.jp/ka4a100/map1.htm
「グルメwalker」 http://r.gnavi.co.jp/ka4a100/map1.htm
をプリントアウトして行けば10%割引や他の特典もありますのでご紹介しておきます。

「どこか美味しいKOBEビーフの店、知らない?」と遠方からの友に聞かれたら「良光」を紹介して先ず間違いないお店でしょう。




  


Posted by 李欧 at 17:22Comments(0)美味しい店

2009年11月17日

柳生の里

円成寺に行ったついでにバスで15分、「柳生の里」にも足を延ばしました。
初めて訪れる柳生の里は、想像以上に鄙びていて人影もまばらでした。

「もみじ橋」から見た川沿いの紅葉。

先ずは柳生藩・家老・山田主鈴(しゅれい)の屋敷だった「家老屋敷」へ。1848年竣工。


遅い菊が甲冑の前に寒々と並んで迎えてくれました。


さすが剣豪「柳生藩」の家老、床の間には「平常心」の額が・・・。


質実剛健、屋敷の庭園もすっきりしていました。


代々の柳生藩主、石舟斎宗巌(むねよし)⇒宗矩(むねのり)⇒三巌(十兵衛)などの藩主家系図も邸内に。


剣豪の里には今も道場があります。「正木坂剣禅道場」


道場の隣には、沢庵和尚が開山した柳生家の菩提寺「芳徳禅寺」があります。


芳徳寺の境内も今や秋いっぱい、錦の落ち葉を踏みしめて・・・。


黄金色の銀杏の葉っぱが折からの風に吹かれてくるくると庭を舞い落ちて来ました。


芳徳寺の裏の小高い丘には柳生一族のお墓が並んでいます。


お寺では刀剣などの資料も見られます。柳生神陰流のイラスト。


この辺りは、奈良からのハイキング・コースにもなっていて、古くからの柳生街道を歩いて来るハイカーも多い。
円成寺経由で18キロくらい。ギョッとする距離ですが、元気な中高年グループがこの日も結構いました。


家老屋敷が柳生観光案内所になっています。
0742-94-0002

近鉄奈良駅から奈良交通バスで50分。4番乗り場。
便は少ない。

参照:大阪・奈良のハイキング・コース・マップ
http://www.kintetsu.co.jp/event-hiking/sansaku/tekumap.htm





  


Posted by 李欧 at 13:56Comments(0)旅 我流

2009年11月16日

紅葉の円成寺

奈良 忍辱山・円成寺 (にんにくせん えんじょうじ)に行って来ました。
小さなお寺ながら紅葉が綺麗だと聞いていたからです。


近鉄奈良からバスの便も少ないからでしょうか。見ごろだと言うのに観光客の姿もあまりありませんでした。


円成寺の特徴は、浄瑠璃寺と同じように、浄土式・舟遊式を兼備した平安時代様式の庭園です。




あまり多くはないのですが、国宝と重要文化財もあります。


二つの国宝のうちの一つ、多宝塔に安置された「大日如来坐像」あの運慶の作品です。


これほど装飾が綺麗な多宝塔も珍しいと言われています。


そして、もうひとつの国宝。全国最古で全国最小の国宝建造物、春日大社造営のモデルになった春日造社殿「春日堂と白山堂」



円成寺・本堂には重文「阿弥陀如来像」「四天王像」「聖徳太子二歳像」などがあります。


池の正面の「楼門」は堂々とした佇まいで、入母屋桧皮葺。

楼門は近くで見ると、格式の高い「三手先」や「花肘木」などの建築様式が見事です。


池の回りには「茶店」があり、冷えた身体には暖かい食べ物が・・・。


東入り口にある素朴な「勧請縄(かんじょうなわ)」。
1月10日に松の木に揚げられたもので、少し古びていました。




円成寺へは近鉄奈良駅から奈良交通バス 柳生方面4番乗り場。
30分「忍辱山」下車。 
円成寺 0742-93-0353
紅葉の時期には臨時便も出ます。

今年の紅葉を堪能しました。







  


Posted by 李欧 at 18:18Comments(1)古寺仏閣

2009年11月08日

奈良・興福寺

奈良・興福寺に国宝を見に行きました。


勿論、目玉は「阿修羅像」。
ただ、国立博物館では「正倉院展」も開催されているので、この日の奈良は凄い人出。あちこちで行列が出来ているほど。

阿修羅像のある「仮金堂」は入場するのに2時間30分待ち、と言うことで諦めました。

興福寺には26件の国宝と、重文44件があり、そのうち阿修羅像も含めて国宝彫刻は17件。境内の「国宝館」は¥500で「待ち時間なし」。「千手観音像」や「金剛力士像」「天灯鬼・竜灯鬼像」など堂内狭しとぎっしり並んでいます。




丁度、この日は「仮金堂」の前に建てる「中金堂」の地鎮祭行事に当たっていて、会場では盛大に式典が行われていました。

(式典後方の瓦屋根は、阿修羅像展示の仮金堂の屋根)


式典に参加する僧侶の長い行列が会場に向かいます。先頭は貫主でしょうか。




興福寺の権力を見る思いがする行列でした。

「国宝館」以外、「東金堂」でも「四天王立像」「十二神将立像」などの国宝も見られます。¥300.


興福寺と言えば「猿沢の池」から見る「五重塔」画像がおなじみですね。


池に浮かぶ止まり木には魚を狙う鳥が飛来していて良いシャッターチャンスを与えてくれました。


興福寺には「五重塔」以外にも「三重塔」があるのをご存知でしたか?

南円堂の後方にあります。


奈良公園はそろそろ紅葉の季節。

興福寺を後にして「奈良国立博物館」に向かいました。

「正倉院展」に行くと「奈良国立博物館」の平常展のチケットも同時に付いています。
奈良や京都、兵庫、和歌山などのお寺から重文が入れ替わり立ち代り集められ、広い館内を見て回るのにちょっと「足棒」になります。


奈良公園には沢山の鹿がいるけど、池に入って遊んでる鹿は珍しい。


「興福寺」公式HP
http://www.kohfukuji.com/

「奈良国立博物館」公式HP
http://www.narahaku.go.jp/

なお、人気の阿修羅像は来年の3月以降は「国宝館」で常設展示される模様です。
それまで「待つか」。


  


Posted by 李欧 at 12:26Comments(4)観に行く
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ