2009年10月31日

第61回 正倉院展

天皇即位20年記念 第61回「正倉院展」に行って来ました。


今回の目玉は「紫檀木画槽琵琶」(したんもくがそうのびわ)。上の画像は琵琶の裏面です。表より裏のほうが装飾が綺麗です。

正倉院所蔵の5面の琵琶のうち1面が出品されていて、展示の壁面からはこの琵琶を弾いたときの「音」も流れています。
現代にも通じる立派な音色には感心!

今回は66点の宝物が出展され、刀剣類も多く見られます。
また「伎楽」の「面」も初めて見るものでした。
「東大寺大仏開眼会」のための「伎楽面」、うら若き乙女「呉女」。


「呉女」を誘惑する「崑崙」、黒人の面。


そして「崑崙」を退治する「力士」の面。


力士面の側面。鼻の形もエキゾチックです。


いつも感心するのは、1250年前の宝物にも関わらず保存状態がとても良く、デザインなども現代に通じる新鮮でセンスの良いものが多い。
「粉地彩絵箱」ヒノキ材。


「沈香 木画箱」。


正倉院展「目録図録」¥1,200


今年の「正倉院展」は 10月24日~11月12日まで。
奈良公園内の「奈良国立博物館」で開催中。11月12日だけは入館無料。
例年、凄い混雑するので、「オータムレイト」入場券がお勧め。
これは金・土・日の午後5時半から入館できて¥700、現地で販売。閉館は7時なので、あまり混雑していない会場でぎりぎりまでゆっくり観覧できます。

何故かこの日は「谷村新司」さんが関係者に案内されて観に来てました。
東大寺でコンサートでもするのでしょうか。

  


Posted by 李欧 at 13:53Comments(0)観に行く

2009年10月26日

京都・薬草の森

漢方薬の相談に薬学・漢方・生薬の権威である医学博士・山原條二先生のところに京都まで時々お邪魔しています。
先生が主宰する認定NPO法人「天然資源開発機構」 http://www.tenshikai.or.jp  は普段からいろんな活動をしています。
そのひとつとして、今回は「野外観察会と健康セミナー」に参加させて頂きました。
会場は、京都市北部の「花背」と言う自然がいっぱいの鄙びた地域です。

薬草の森に自生する「紫式部」の花。

京都市街から1時間半。鞍馬寺の前からさらに奥へ入って峠を越えたところに「花背」はあります。
市街から4~5度は低いと言う気温で、その日の峠の気温は14度。

セミナーハウスにもなるロッジの中は北山杉がストーブの中で燃えていました。

セミナーハウスの名前は「交河山墅(こうがさんしょ)」。桂川の上流の二つの川が合流する地点にあるからだそうです。


ロッジ前の上桂川の水は澄み切って飲めるくらいでした。




昼ご飯は有機栽培弁当と先生の持つ畑で取れた無農薬野菜たっぷり「具沢山のお味噌汁」。

お腹を満たして「京都薬草の森」へ自然観察と薬草観察へ。


まわりは殆ど「北山杉」に覆われ、森林浴にもなってフィトンチットもいっぱい!
NPOの持つ広い「薬草の森」は標高400メートルくらいからは急な斜面になります。
ボランティアの人たちが足場や階段を手作りしたとは言え、それはそれは急斜面で、休憩なしではとても登れない。何度も心臓が「バクバク」なる目に合いながらも何とか1時間くらいかけて山頂へ。


途中には、樹齢300年の大杉の株の上に若い2本の杉が生えて来たと言う生命力の見本のような杉も何本かありました。


また、水がちょろちょろしか流れてなかったけれど、立派な滝もありました。


山頂近くには樹齢300年は越えると言う大杉の中に「洞」が出来て、中を人が潜り抜けることが出来ると言う、まるで「屋久島」のような杉もありました。


健康セミナーでは、主に「生薬」や「漢方薬」の話を聞き、集まった40名くらいの参加者も和気藹々。

山原先生はこれまでも「金時しょうが」「石榴の花」「サラシア茶」「弁慶草」「など、様々な生薬を分析したりデータを取って、純粋な製品として広めて来てらっしゃいます。もちろん、私もお世話になって見事血糖値を正常に戻した経緯があるのですよ。


スキー場もあると言う「花背」は、それでも京都市・左京区です。
集落もあるけど、勿論、コンビ二などはゼロ、お店さえなかったような気がします。
それでも、府や市の自然観察施設はあって、ハイキングやキャンプなどで訪れる人もまあまあ居るとか。
但し、携帯は電波が届きません。

朝9時にJR「京都駅」を出て、夜6時に京阪「出町柳駅」で解散するまで、自然と健康いっぱいのセミナー・コースでした。

身体のことでお悩みの方は、一度上記URLをご覧になられるのもいいでしょう。
販売代理店「ポンピエ」でも製品は求められます。http://www.pontpied.co.jp/
  


Posted by 李欧 at 17:13Comments(0)観に行く

2009年10月05日

奈良公園は庭?

阪神と近鉄が相互乗り入れしたので、気軽に奈良に行けるようになりました。
「姫路城」や「淡路」より見所も多いし、梅田や三宮より自然も多く、世界遺産も多いし、緑や仏像を見ていると、特に年を重ねると心が安らぎます。

東大寺・戒壇院の四天王。

持国天、増長天、廣目天、多門天。東大寺の中門堂から「戒壇院」に移されたと言われる天平時代の傑作。
大仏殿の西にある「戒壇院」に安置されている塑像。
小じんまりした「戒壇院」は日曜だと言うのに訪れる人もなく、お坊さんが3人、あくびをしてお客を待っていました。


大仏様を拝み、二月堂、三月堂、四月堂への登り坂を上がる。奈良は京都に比べて外国人観光客と修学旅行生が目立つ。
三月堂は相変わらず国宝仏像のラッシュ。国宝が押しくら饅頭してる感じ。(撮影禁止)

「吉野熊野」「法隆寺」を別にすれば、奈良の世界遺産とは、「東大寺」「平城京跡」「春日大社」「薬師寺」「唐招提寺」「興福寺」、そして「元興寺」。

「元興寺」と書いて「がんごうじ」と読む。


「なんで、こんな小さなお寺が世界遺産になったのですか?」と訪ねると「日本最古のお寺」「施設全体が国宝」「仏像が値打ちがある」と答えが帰って来ました。奈良町の真ん中にある小振りのお寺で、屋根は古代の瓦葺でした。


境内入り口の石仏。

奈良は、リタイアしたと思われるグループ、ご夫婦、一人旅の高齢者、ちょっとダサイ感じのカップル、中年の外国人観光客などが多い。京都に比べると圧倒的に年齢が高い観光客が多いように思えます。
平安京より「癒される」場所が多いと言うことでしょうか。

神戸から1時間少々で行ける交通の利便性も相まって、お天気のいい日には「ちょっとそこまで」と言う感覚で乗り換えなしで散歩がてらに行ける古都です。
近鉄「奈良」から「戒壇院」。「三月堂」から「元興寺」まで、きっちり1万歩は歩きました。
晴天の10月の休日。勿論、晩御飯は大阪に戻って美味しいお酒と焼き鳥。それも楽しみのひとつです。
奈良から難波までは30分ですからね。

神戸に住んでる人間が、奈良公園が、「我が庭」と言う感覚、ちょっと贅沢でしょうか。




  


Posted by 李欧 at 22:29Comments(3)ぶらりご近所
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ