2009年01月14日

李 欧



私のブログ・ネーム「李欧」は、「高村薫」さんのハードボイルド小説「李欧」から勝手に貰ったものです。

今から10年前に書かれた「李欧」の主人公は「吉田一彰」。母は中国人と駆け落ちしてしまっていない。
舞台は大阪・西淀川区の潰れかけの工場。そして、工場の庭にある1本の大きな桜の木、満開の桜の花が最後まで物語の縦の重要な背景になっています。そして横軸は「吉田一彰」と「李欧」の二人。

「惚れたって言えよーー。美貌の殺し屋は言った。その名は李欧。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに22歳。しかし、2人が見た大陸の夢は遠く厳しく、15年の月日が2つの魂をひきさいた。(本の背表紙から)

男同士の奇妙な友情と出会いが横軸になってるとは言え、朧な月夜に浮かび上がる夜桜の妖しさ・潔さが全編に溢れています。そう言えば、高村薫の作品には割り切れないもやもやとした男の人間関係を描いたものが多いような気がします。

WOWOW10周年記念でTV映画化されましたが、主人公の2人はあきらかにミスキャスト。私ならトップ画像の「金城武」を李欧に起用するけどなあ。李欧はしなやかで冷酷で、軽々として力強く、それでいて春の陽光のような暖かさを持つ殺し屋。北京語と日本語を完璧に操る想定になっているから。

韓国人・中国人・ヨーロッパ人神父、日本の中のアジアである大阪に見事に溶け込んだ一冊です。また、警察や公安、スパイやヤクザ、国際的な陰謀まで盛り込まれてスリルとサスペンス性を高める構成になっていて面白い。
ラストは特に感動ものです。

そして、もう1人の主人公「吉田一彰」には、やはり台湾のチャン・チェンを起用、多少ストーリーを変えてでも大阪の下町を舞台にした中国映画として映像化したほうがヒット間違いなし。原作者も許してくれるでしょう。


「映画」として見て見たい小説は特にハードボイルドには多い。それは日本が銃社会ではないからかもしれない。








  


Posted by 李欧 at 15:41Comments(0)CHINA

2008年01月31日

レトロでモダン


神戸にも異人館はたくさんありますが、その比ではなく国家的規模で
配置されていたのが上海。
イギリス・フランス・日本、かつての列強が中国をいいように利用していた
名残ではあっても、今となっては、古い人にはノスタルジアを、
起業家にはビジネスチャンスを、観光客にはカメラチャンスを与えているのが
上海のレトロ&モダンです。(上、OLD上海ホテルのガーデン)














OLDホテルのロビーのオリエンタルリリー、
一晩でピンクから黄色に変わっていました。



日本でもおなじみ、厳慶谷さんの出る「上海京劇団」の
三国志「曹操と楊修」。チケット完売の人気ぶり。
団長の尚長栄氏の曹操役は見事でした。
前列・左の黒髭。

厳慶谷さんは狂言回しの役で出入り自由。カーテンコールでは熱狂的な
地元ファンのスタンディングが長く続きました。漢字の字幕が舞台サイドに
出るので「何となく分かります」。
前列左から2番目のドラを持ってるのが厳さん。


上海ストリート・ウォークのおすすめは「淮海路」と「南京西路」。
観光地「南京東路」と違って片手を出してしつこくついて来る人もいない。
南京西路夕景



欧米や日本の若い観光客に人気のスポットは「新天地」。
そして、最近売り出し中は「泰康路」。













(上)真っさらな土地に建てられた新天地のカフェ
(下)有りものを改造した泰康路のカフェ

                                       

バーもたくさん出来ていて、広東出身画家が作った
バーの地下回廊には新進作家の油絵が並んでました。
 












バーテンは英語が堪能。客の半数はまだまだ欧米人です。
地元の人が作る地元の人のための洒落た店が出来るまで
はまだ少し時間がかかるのかな。



上海と言えば誰もが想像する「外灘」(バンド)。
地上263mの東方明珠から見下ろした雨の外灘風景。
















2010年上海万博に向けて、猥雑(?)な街路がどんどん取り壊され、
市街地改造計画で綺麗になって行く。
旧イギリス・フランス租界は大事にされているが、
路地や曲がった道路がなくなって来る。直線と四角、見た目の
綺麗さだけが価値を持つ都市計画はどんなものなんでしょう。
これは日本も同じです。













(上)呉江路休閑街 (下)東台路古玩市場


ごちゃごちゃしたものとスッキリしたもの。表通りと裏通り。
うさん臭いものと高級品。歴史あるものと新進気鋭。
全部満喫できる街が上海。でも、住んでみるとまた別かも
しれない・・・。OLDホテル玄関。
  


Posted by 李欧 at 12:16Comments(0)CHINA

2008年01月31日

お土産一番!

上海のお土産で喜ばれて安いものは?
コレ!1箱80円前後。

グリコの「百奇=ポッキー」 マンゴ味・抹茶味など
たっぷりムースが絡まって中毒性があります。
左端のマンゴ味は特にオススメ!
大概の人は「へーえっ!」と言って1本つまんでくれます。
売っているのは「羅森」などのコンビ二。
空港は高いので注意。


  


Posted by 李欧 at 10:07Comments(0)CHINA

2008年01月28日

シノワズリ

上海の街をブラブラしているとさまざまな小物
が目に留まります。雑貨が好きな人にとって「シノワズリ」
探しは格好の時間潰しになるでしょう。

泰康路で見つけたアクセサリー掛け人形

上海「景徳鎮」の「墨花童子」4枚小皿



骨董街には怪しげな小物が山のように店先に積んであります。
骨で作られた童子4態


西大后でおなじみ「つけ爪」


纏足(てんそく)陶器小物入れ 金属の龍の細工が細やか


古いものがあると思えば「新天地」や「泰健路」では新しいアート
っぽいものもたくさんあります。
水の中に人参が入ったマグネット栓抜き


もちろん「2008北京オリンピック」グッズは世界の観光客の
注目を集めています。

  


Posted by 李欧 at 14:12Comments(0)CHINA

2008年01月27日

春節は赤い

2月初旬の春節を前に街は活気にあふれて
いました。今週からは忘年会も盛んに行われると言う。
百貨店の前の赤いランタンのオブジェ。


今年は「ねずみ年」。タクシーの運転席の背中には
ネットゲームが有り、点数を競うようになっている。
もちろん、TVもHPも見られます。


新しい観光スポット「新天地」のショーウィンドウも赤い
鳥かごでいっぱい。


男性用ボクサーパンツのお尻にもねずみのプリント。
春節用プレゼントBOXに入って売られてます。

干支のねずみは、あらゆるところで活躍していて日本より
干支に親近感を持ってることが分かります。

「2008風水暦十二支占い」抜粋
子 変化に富んだ年 ただし「危ない橋」は渡らないように

丑 運勢は昨年より上向きに 将来の礎を築く年

寅 慎重に事を進め、地道な努力を

卯 仕事面では飛躍の年 ただし「棚からぼた餅」はない

辰 大きな期待は持たない 一喜一憂することが多い

巳 新しい事を始める最良の年 鍵は対人関係

午 変化の多いチャレンジの年 反面浮き沈みも多い

未 仕事面で多忙な年 チャンスを見失わないように

申 良くも悪くもない年 感情的な失言に注意

酉 上昇気流に乗る良い年 共同作業が吉

戌 不安定な年 人付き合いが鍵 後半運勢上向き

亥 吉凶混合 他人に頼らず自力で切り開くこと

face08注)風水暦は2月初旬が1年の始まりです。
従って「子年」の1月生まれは「亥年」になります。
1月生まれは要注意!

以上「翼の王国」」からの転用



  


Posted by 李欧 at 16:30Comments(0)CHINA

2008年01月27日

ChinaDream

一攫千金を求めて上海に来る人は多い。
世界同時株安で、上海ならまだ儲かりまっせー!と皮算用
に忙しい狸もいる。
ところがどっこい、そんなにた易くチャイナ・ドリームは現実
にはならない。


自分とは関係のないところで林立する浦東の摩天楼。
空疎な心には、そそり立つ東方明珠さえ悪趣味に思えてくる。


街は成功者をますます有頂天にさせるが、そうでない者には
隙間風を送り込む。


かつて繁栄を誇った「上海展覧中心」も今は「FOR RENT」
の看板が立つ。新旧交代の時期。乗り遅れまいと必死に
なる者の血走った会話とため息が交錯する。


それでも、いつかきっとこんな屋敷を手に入れて
鼻高々になってやる!
1%のチャイナドリームを夢見て今日も世界中から人々が
上海に集まって来る。

  


Posted by 李欧 at 12:51Comments(2)CHINA

2008年01月26日

美味しい上海

たまに洋食部門では「ハズレ!」もあるけれど中国料理に関しては
どんな店でどんなものを食べても美味しいと思う。


切干大根の親玉のようなよく漬かった大根(左)。
右は豚のゼリー寄せ。大根の美味しいこと!!


海の小魚の唐揚げ、骨ごと柔らかく食べられます。


庶民的なレストランですが食事時は満席に。
上海は景気がいいのか予約なしで食べられる
レストランは少ないと言う(特に週末)。


上海でもワインは人気の飲みもの。レストランの
ワインセラーもライトアップされていました。


別の日の夕食ではロバ肉のシチューを食べました。
柔らかくて美味しい!


紹興酒に3日ほど漬けた鶏肉を「酔っ払い鶏」と
呼びます。べっ甲のトンボ箸置きも「らしい」感じ。
山西省のワインもほど良い口あたりでした。


蝦蛄(しゃこ)海老が上海にもあったとは。
剥く時に手が痛いのは日本も同じ。辛い野菜乗せで。


鳩はこんがり焼かれて食欲をそそりますが、実際お肉は
少ない。塩で。


普通のブロッコリと貝柱。左は鶏の丸焼き,皮は
パリパリ、身はジューシー。


ランチは気軽なチェーン店でも充分。
ブロッコリ(茎の長い大きな花ブロッコリかな)の
茎の炒めものは甘い醤油味で焼き飯の友。奥の小皿。


フランス・イギリス租界時代の洋館を1軒買い取って
レストランとして営業するのが新しいお洒落な形態です。
それもいいけど普通の賑やかなレストランもほっこり暖かく
人も優しい。どちらにしても食べすぎには要注意!


  


Posted by 李欧 at 16:00Comments(0)CHINA

2006年09月14日

バーHIMA

北京のカフェバーを紹介します。
工人体育館の道を隔てた北東角の「城市賓館ホテル」の
1F「HIMA」です。フランス人マネージャの居るお洒落な
カフェバーなので北京に行った折にはどうぞ。日本とも縁
のあるバーです。高くはないですよ。
ちょっとPRっぽくなって済みません!


従業員たち


店内





ステージもあります!どうぞ歌って下さい。
  


Posted by 李欧 at 21:32Comments(0)CHINA

2006年09月07日

バーもあるよ

上海には常時数万人の日本人が滞在しています。
当然、日本人相手の日本人によるバーも数件あります。
大内さおり・美人ママと日本のコンクールで優勝するほど
腕の良いバーテンさんで人気の「花木蘭」。
インテリアも抜群!店内はまるで神戸に居るような錯覚に。

  


Posted by 李欧 at 10:38Comments(0)CHINA

2006年09月07日

景徳鎮

中国土産に買って友人にプレゼントした景徳鎮の「かえる」を
友人がブログにアップしてました。こんなかえるがグラスに
付いたものとかお皿に付いたものとかモダンな景徳鎮がたくさん
売られてます。景徳鎮・上海支店。カタログを見て指定すれば
倉庫から30分くらいで持って来てくれます。


長い足が魅力


後姿
  


Posted by 李欧 at 07:16Comments(0)CHINA

2006年09月02日

早朝の散歩道

休みの日の早朝はたまには早起きして散歩をしよう。
夜型人間と言ってもいつも「どっぷり夜」では発想も堂々めぐりに
なりがち。朝6時前でも世の中こんなに健康人間がいるのですね。












早起きの楽しみは世界共通?
海に囲まれた青島でも朝6時、出勤前に海辺を散歩する市民がたくさん居ました。










中には犬と泳いでる人も。
  


Posted by 李欧 at 07:46Comments(4)CHINA

2006年09月02日

青島は美味しい 2

お店では素材を選択して料理法もお好みで。

蒸しあわびのご飯添え

















他にも「ウニ」「かに」など野菜もふんだんに食べて1人1,800円!

ウニの茶碗蒸し風


山東省名物・水ぎょうざ(中はプリプリ海老ときざんだキュウリ
  


Posted by 李欧 at 07:23Comments(0)CHINA

2006年09月02日

青島は美味しい

海に突き出た町・青島は魚介類と野菜が美味しい町。そして何よりドイツと
関連が深いので「青島ビール」が美味しい。
生中1杯45円

  


Posted by 李欧 at 06:54Comments(0)CHINA

2006年09月01日

のんびりペンギン

あ~あ、ひなたぼっこは気持ちいい!
ヨットハーバーのボードウォークにもたれてのんびりしてるペンギンは何処のペンギン?



実はここは中国は青島のヨットハーバーなんです。  


Posted by 李欧 at 00:02Comments(0)CHINA
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ