2015年10月21日

九度山

弘法大師の母親が住んでいた「慈尊院」(世界遺産)がある九度山に寄りました。「根来寺」「粉河寺」を巡った帰りに行ったので既に夕方近くになりました。弘法大師が月に九度母親に会いに行ったことが名前の由来だとか。
また、九度山は真田昌幸と幸村が関ヶ原の戦で西軍に付いたため、家康から高野山に蟄居を命じられ高野山の麓の九度山に真田庵を作り住んでいた場所として有名です。

来年のNHKの大河ドラマが「真田丸」。既に町のいたるところに宣伝のポスターが貼ってありました。

来年は九度山は多くの観光客が押し寄せるものと考えられます。

真田庵の閉館は午後4時。直前に行ったのでお庭からしか見られませんでした。

それでも屋根には鯱が乗ってました。

庭に建立されてる400回忌の碑。
昌幸・幸村親子の400回忌はホントは今年だったので、今年の大河ドラマが「真田丸」だったのに山口県出身の安倍総理から横やりが入り、
急遽「花燃ゆ」になったとも。「花燃ゆ」は面白くない。来年の真田丸に期待したい。

幸村の父親・昌幸の墓所が真田庵にありました。幸村は大阪夏の陣で戦死したと言われています。
九度山に蟄居していた幸村は豊臣の呼びかけに応じて大阪城に駆け付けたそうで、そこで大活躍をします。

有名な「六文銭」の旗印が真田庵の門でも見られました。
幸村の父・昌幸が病死して「悔しさのあまり真田庵に怒った顔で現れる」と言うのでその霊を鎮めるためにこの神社に祀ったと言う真田大地主
大権現も真田庵の庭にありました。

真田親子と一緒に家臣も九度山について行き、それが真田十勇士だと言われています。TVでは猿飛佐助は誰が演じるのだろう。忍者も楽しみですね。

既に真田道も設定されていて、陶器の金太郎も迎えてくれました。

古民家の資料館も解放されていてたわわな柿の実が夕日に輝いています。

九度山の登場は大河ドラマの後半になると思われますが、それでも来年はどっと観光客が訪れると思います。
資料館も只今工事中でした。

真田ミュージアム完成予定図。
因みに「真田丸」とは大阪に幸村が作った堅固な砦の意味らしい。上町台地に今も真田山と言う地名が残っています。
信州・上田城とともに九度山は間違いなく来年はスポットが当たる場所になるでしょう。


真田庵 http://www.town.kudoyama.wakayama.jp/dd.aspx?menuid=1401

閉館ぎりぎりに真田庵に入ったので、世界遺産の慈尊院も時間的に余裕がないと思い、せっかくの世界遺産ですが、拝見を諦めて今回は帰りました。
  


Posted by 李欧 at 14:57Comments(0)観に行く

2015年10月20日

総本山 根来寺

粉河寺の南、岩出市の真言密教の総本山・根来寺(ねごろでら)に行きました。

国宝の大塔。

粉河寺と同じ興教大師が開祖です。1126年。

学問の寺としても有名で全国から僧侶が集まり、やがて警護のための僧兵の勢力も強大になり、秀吉に恐れられた結果、根来攻めに合い、焼失してしまいました。

本堂。
本堂内の興教大師像。


その後、復興して現在の根来寺が再建されました。

本堂からだいぶ離れた南にある大門。その距離からも往時の根来寺の広大な敷地が想像されます。大きな壮大な大門でした。
大門内の二体の仁王像。阿吽のうち阿形像。

阿吽のもう一方の吽形像。

境内には多くの塔頭が有り、見どころたっぷりです。
国の名勝に指定されている本坊の庭園。


密教なので行者のための設備もあります。

先ずは水垢離をして身を清めます。
行者堂の中の護摩を炊く場所。

役行者(えんのぎょうじゃ)像。

行者堂の隣には聖天堂があり、ここからは浄土池が目の前に開けています。

浄土池の反対側から聖天堂を眺める。


境内には身代わり観音もあり、お堂の中には七福神も並んでいます。

小さな漢音さまに水をかけ、身体の痛むところをタワシでこすると治ると言われてるとか。

帰り道にはこんな提灯が・・・。

桜と紅葉の名所らしいけれどまだ季節はずれ。境内で酔芙蓉を見つけました。


根来寺 公式HP http://www.negoroji.org/


  


Posted by 李欧 at 11:53Comments(0)古寺仏閣

2015年10月19日

粉河寺

秋の好天の一日、和歌山県北部の紀の川沿いの「根来寺」「粉河寺」「九度山」を巡りました。
先ずは「粉河寺(こかわでら)から。
http://www.kokawadera.org/


粉河寺に離接する粉河産土神社の秋の例祭に偶然遭遇して十二単の女性を見ることができました。華麗なるラッキー遭遇。

地域の氏神様・粉河産土(うぶすな)神社。


奈良時代末770年に開創と言われる粉河寺は紀の川市にあり塔頭が一列に並んでるので拝観しやすい。開祖は大伴孔子古(おおとものくじこ)。本尊は千手千眼観世音菩薩、この秘仏は絶対に観られないそうです。

朱塗りの大門。

散髪屋さんの神様?丸刈りと四角刈の木が参道にありました。

粉河寺の山門。ここの仁王さんは4体・四天王が睨みをきかせていました。


粉河寺・本堂。
ちょっと風変わりな屋根ですね。

本堂前には桃山時代スタイルの石庭があります。

幼い聖徳太子の像が見られる「太子堂」のお庭。

境内の北の奥には十禅律院がありました。

ここは喘息封じにも効くと書かれていました。

知人に時々喘息で苦しんでる方がいるのでお詣りしてお札を買いました。

十禅律院のお庭。

なぜか願かけの小さなこけしのようなものが奉納されてました。1体千円はちょっと高い気がします。



ゆったりした境内や参道には「同行二人」と書かれた白い法被を来た方が大勢来てらっしゃいました。それもそのはず粉河寺は西国第三札所
なんです。


紀の川の道の駅・万葉の里にも寄りました。
粉河寺の大門の前の茶屋で売っていた中が黒い甘い柿。
1個千円と言ってた「紀の川」と言う品種は茶店よりは小ぶりでしたが、2個で200円でした。
やはり道の駅には寄るべきですね。

ちょっと小ぶりと言っても普通のサイズよりは大きく甘かったですよ。


  


Posted by 李欧 at 14:03Comments(0)古寺仏閣

2015年10月03日

コスモスと滝


秋晴れの一日、大阪府の北の端、豊能町の「とよのコスモスの里」に行きました。

豊能町役場から更に北へ。コスモス畑が今を盛りに広がってました。かなり広い。

なぜか案山子が迎えてくれます。



平日ですがチラホラ観光客も来てました。

いい天気だったのですが、少し高い山間にあるので暑さは感じません。

どこか儚げな花なので、バラ園ほどの華やかさはありません。

コスモスはメキシコ原産の一年草だそうです。

なんでコスモス畑の所々に案山子が立っているのでしょう。

でも真っ青な空に、ピンク・白・赤いコスモスは良く似合います。

とよのコスモスの里 072-739-1363
入園料と駐車料金込みで500円。車でないとちょっと行けません。

帰途、箕面の大滝に寄りました。

長い道をだらだら登るのではなく、大滝の上の駐車場から急な坂を徒歩で下るコースです。

夕方だったのでお猿さんもねぐらに帰ったのか姿は見ませんでした。

長袖のシャツ1枚ではかなり寒さを感じました。



滝の上部

滝つぼ

滝の正面には赤い橋があり、このショットは有名ですね。
  


Posted by 李欧 at 14:45Comments(0)観に行く
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ