2010年03月21日

川岸牧場

西脇の北にある黒田庄の「川岸牧場」に行ってきました。

某出版が「神戸ビーフ」の本を出すと言うので、そのお手伝いです。

前回の中西牧場は、去勢された淡路のオスの仔牛を肥育してるのに比べて、こちらは殆どが淡路から競り落としたメス牛です。

但馬牛は小振りなのが特徴。ぶくぶく太らせて肉を多く取る、と言う他地方の牛とは違ってます。

2年目に入ると出荷棟に移され、仲の良い2頭づつがひとつのブースに入って育てられます。
隣の牛と喧嘩しないように間仕切りは全て「木製」で目隠し。牛にも傷が付きません。


驚くほど清潔な牛舎。牛たちもストレスがないのか、寝転んでます。だから満杯なのに顔が見えません。


加古川の上流の堤防に沿って2棟。風通しが良く、静かで日光も良くあたります。
牛だって生きものです。環境が良いので280頭の牛たちはゆったり寝転び啼きません。


枝肉は主に東京方面に行くようですが、芦屋の竹園でも美味しい川岸牧場の神戸ビーフが食べられるそうです。


東京の卸流通「旭屋」のHPで川岸牧場は紹介されています。
http://www.kobe-gyu.com/tanbou/kawagishi.html



同じカテゴリー(観に行く)の記事画像
御影だんじり祭
大英博物館展
九度山
コスモスと滝
御影だんじり祭
上方の浮世絵
同じカテゴリー(観に行く)の記事
 御影だんじり祭 (2017-05-04 15:22)
 大英博物館展 (2015-11-14 12:08)
 九度山 (2015-10-21 14:57)
 コスモスと滝 (2015-10-03 14:45)
 御影だんじり祭 (2015-05-04 15:12)
 上方の浮世絵 (2014-05-29 20:05)

この記事へのコメント
牛さんかわいいですね^^
Posted by 日記 at 2010年03月21日 20:56
キョウコさん 
ホントに牛って可愛くて人なつっこいですよ。
指をぺろぺろ舐めるのですよ。
但し、指を口の中に入れてはいけませんよ。
Posted by 李欧 at 2010年03月22日 11:16
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ