2014年04月29日

葛飾北斎を観る


神戸市立博物館の「ボストン美術館 浮世絵名品展」北斎に行きました。

小雨が降ってたのであまり混んでませんでした。写真の人物は他人です。

1階のロビー正面にも代表作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の絵が。これは海外の画家や音楽家にも大きな影響を与えたそうで、ドビューシーの音楽にも影響を与えたそうです。構図が大胆です。

全部で140点の作品が展示されていて、それが細かい線で描かれているので、目を近づけてみないと細かいところまで鑑賞出来ません。足と眼が疲れます。
北斎の作品を3つの章に分類して、しかも「富嶽三十六景」「「六歌仙」「百物語」「新版浮絵」「諸国瀧廻り」「百人一首」「花鳥版画」「狂歌絵本」
などの作品がまとまって展示されているので、年代を追って見やすい構成になっています。

花鳥版画 芥子(けし)


うちわに描いた「菖蒲に鯉」

新版浮絵「浦島竜宮入之図」



諸国瀧廻り「木曽路の奥 阿弥陀ヶ瀧」

諸国瀧廻り「和州吉野義経馬洗瀧」


富嶽三十六景「凱風快晴」

富嶽三十六景「本所立川」



当時の江戸では狂歌が流行していて北斎は狂歌とともに挿絵ともいえる絵を多く描いてます「花の兄」


掛け軸に描かれた「朱鍾馗図」


今は宮部みゆきが百物語の小説をシリーズで書いてますが、北斎は途中で諦めたみたいです。でも数点のお化けが展示されていました。
百物語「お岩さん」


北斎の娘、葛飾応為も優秀な浮世絵作家でした。「三曲合奏図」


春と秋は美術鑑賞には季節が良い。関西の美術館案内ポスターもガイドされています。

葛飾北斎展は6月22日まで。一般1,400円。月曜休館。
078-391-0035
http;//ukiyoe.exhn.jp

ボストン美術館の作品の保存状態は非常に良く、色彩や細部も良く見えて、なかなか見ごたえのある展覧会でした。



同じカテゴリー(観に行く)の記事画像
御影だんじり祭
大英博物館展
九度山
コスモスと滝
御影だんじり祭
上方の浮世絵
同じカテゴリー(観に行く)の記事
 御影だんじり祭 (2017-05-04 15:22)
 大英博物館展 (2015-11-14 12:08)
 九度山 (2015-10-21 14:57)
 コスモスと滝 (2015-10-03 14:45)
 御影だんじり祭 (2015-05-04 15:12)
 上方の浮世絵 (2014-05-29 20:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ