2014年03月16日

ターナー展

神戸市立博物館で開催中の「ターナー展」に行きました。

イギリスの風景画家で淡い色彩と光線の使い方がじょうずだなあと感じました。特に木の描き方が印象的でした。全112点が展示されています。
神戸のターナー展のHPです。http://www.turner2013-14.jp/about/index2.html


夏目漱石とターナーの関係を示す資料も展示されていました。

イギリスの理髪師の息子として生まれたターナーは、フランスやイタリアにも行き、多くの風景が画を残しています。

毎度のことですが、ターナー関連グッズの売り場は女性を中心ににぎわっていました。

私はあまりターナーの風景画には大感激しなかったのですが、むしろ4月26日~6月22日まで開催の「ボストン美術館 浮世絵名品展」葛飾北斎のほうが期待が高まっています。


なぜかこのブログには横向きに表示される画像があるのです。元のファイルにはちゃんと前向きに表示されているのに・・・おかしい。
PCをウィンドウズ8.1に変えたからでしょうか。どなたかブログを書いてる時に画像の向きを変える方法を教えて下さい。





同じカテゴリー(観に行く)の記事画像
御影だんじり祭
大英博物館展
九度山
コスモスと滝
御影だんじり祭
上方の浮世絵
同じカテゴリー(観に行く)の記事
 御影だんじり祭 (2017-05-04 15:22)
 大英博物館展 (2015-11-14 12:08)
 九度山 (2015-10-21 14:57)
 コスモスと滝 (2015-10-03 14:45)
 御影だんじり祭 (2015-05-04 15:12)
 上方の浮世絵 (2014-05-29 20:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ