2008年04月30日

長谷寺



花の寺「長谷寺」(奈良県桜井市)は牡丹が満開!








古い町並みの門前町は名物・お土産屋がずらーっと並ぶ。
ほぼ1ヶ月間の「ぼたん祭」にはかなりの賑わい。

つきたてのヨモギ餅を売る店もあちこちにあります。



真言宗・豊山派総本山の長谷寺は境内も広く、若いお坊さん
の姿もあちこちで見かけます。


「登楼」と呼ばれる回廊は三層あり、一層目は割りに楽に登れます。

階段の脇には「牡丹園」があるので愉しく鑑賞しながら進みます。

二層目、三層目になると階段も急になり、これはかなりしんどい!
登りきったところがやっと本堂。

大きな金色の十一面観世音菩薩が迎えてくれます。
本堂前は広い舞台になっており「登楼」の汗も緑の風が拭ってくれます。


本堂近くの弘法大師「御影堂」では「法話」も行われていて、
新緑に囲まれてのお話に煩悩が洗われます。素直な心になる、
これが自然に囲まれた社寺訪問のいいところかも知れません。


花の寺と呼ばれるだけあって牡丹以外にもいろんな花が・・・。
ピンクの「石楠花」

黄色い「山吹」

燃える「平戸」つつじ。

早くも「藤の花」が。

白と淡紫の「花みずき」もこれから盛りに。


はるか本堂を見上げる「本坊」前にも牡丹園はあります。


本堂を正面に見上げながら「本坊」で夕方の勤行をする僧侶たち。
本坊奥の新緑の庭がトリッキーな絵画を思わせる。


新緑を求めてGWの「花の寺」、難波から近鉄急行で45分。
「長谷寺」下車、駅からも急勾配の坂が待ってます。


同じカテゴリー(四季の花)の記事画像
ご近所の桜
三田・永沢寺のボタン園
ちょっと早い観梅
万博・日本庭園花しょうぶ田
アジサイ図鑑
あじさいが待ちどうしい
同じカテゴリー(四季の花)の記事
 ご近所の桜 (2017-04-10 12:08)
 三田・永沢寺のボタン園 (2016-05-01 15:52)
 ちょっと早い観梅 (2016-02-09 12:53)
 万博・日本庭園花しょうぶ田 (2015-06-14 15:58)
 アジサイ図鑑 (2015-06-13 13:44)
 あじさいが待ちどうしい (2015-05-23 15:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ