2008年04月16日

當麻寺

新緑の「當麻寺」(たいまでら)に行きました。


牡丹のお寺としても有名ですが、まだ少し早くやっと
見つけた1株です。


當麻寺には日本最古のものが2つあります。
先ずは「梵鐘」。

それと「石灯籠」。


本堂(国宝)から右「金堂」左「講堂」奥「仁王門」右奥「三重の塔」
を見る。塔頭もあり境内は結構広い。


今回「當麻寺」行きを決心させたのは四天王「増長天」が
「おいでおいで」をしたから(?)。
実はJALのカレンダー4月にこの像がアップで載っていたの
です。毎日見ているうちに、その気になって・・・。

私的には増長天の後ろに居る「広目天」のほうが守護神
になると思うのですが・・・・。いまいちおとなしくて文化的。

南を守る「増長天」西を守る「広目天」北は「多聞天」東は「持国天」。
金堂には4つの乾漆造りの像があり現存最古(7世紀)とされている。
カールした顎鬚は異国的で迫力も満点。

當麻寺伽藍の奥には「奥の院」があり、ここの「浄土庭園」は有名。

庭園の奥は二上山(にじょうざん)へと続き、新緑が燃え始めていた。

二上山には手軽なハイキングコースもあります。


牡丹・石楠花・さくら草・山吹・枝垂れ桜・・花の寺の春は
これから。木瓜(楼門のボケ)。

東塔と西塔、二つの三重の塔(国宝)があり東塔は竹薮の奥に。


當麻の蹶速(たいまのけはや)と言う古代の相撲取りがいた當麻には
「相撲博物館」もあります。

近鉄・南大阪線で阿部野橋から準急で40分。
「當麻寺」下車。徒歩15分。
駅前の「中将餅」は有名。

當麻寺のご本尊は仏像ではなく「中将姫」が蓮の糸で織った
「蓮糸大曼荼羅」。そんなところから「中将姫」が人気キャラに
なったのだろう。
のんびりした里山の春にはもう鯉のぼりが・・・・。







同じカテゴリー(古寺仏閣)の記事画像
奈良・東大寺
平成29年初詣
女人高野 慈尊院
満開の桜
京都へ初詣
元日の初詣
同じカテゴリー(古寺仏閣)の記事
 奈良・東大寺 (2018-01-02 11:15)
 平成29年初詣 (2017-01-05 12:48)
 女人高野 慈尊院 (2016-11-04 13:41)
 満開の桜 (2016-04-03 12:25)
 京都へ初詣 (2016-01-05 12:50)
 元日の初詣 (2016-01-04 12:54)

この記事へのコメント
始めまして。当麻寺、懐かしく拝見させていただきました。当麻寺-二上山(鹿谷寺)-太子町へ40年ほど前から2~3度石塔、石仏をたどって歩いた記憶がよみがえりました。以前と違って石灯籠等ずい分大切にされるようになったようですね。
Posted by ぜんとく at 2009年10月17日 11:08
ぜんとくさん

随分「石仏・石塔」へのキャリアがお有りなんですね。
当麻寺は随分綺麗になっていますよ。
Posted by 李欧 at 2009年10月17日 12:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ