2012年11月19日

松岡寛一 画集

「創業当時のユーハイム」


「少女」1963年


母の従兄・松岡寛一画伯の画集を手に入れました。生前は観にいけなかったので画集だけでもと探していたら、ヤフーオークションで見つけ落札。
神戸ご在住だったので40年ほど前に一度ご夫妻にお会いした記憶があります。


「モデルたち」1975年

「はるかなる槍ヶ岳」1979年


登山が好きだった画伯はヒマラヤや北アルプスなどにも出かけ仲間と絵を楽しんでいたようです。

「山の花チングルマ」

復員後、山本通りの小磯良平邸の焼け残った土蔵にも住んでいたと言いますから当時は小磯画伯とも親交があり、奥さんの峯夫人は小磯画伯の絵のモデルもしていたそうです。
後には会派に属さず独自で活動していたと書かれています。

「風見鶏の下の散歩」1977年

「画伯と婦人像」「画伯と山」「ヒマラヤの山と人」「神戸と画伯」「画伯のおたより」に分類された100ページA4の画集です。

「画集表紙」


ヒマラヤ・ネパール「白いイヤリングのシェルパーニ」


1981年「ネパールのニヤタポテ広場」


壮年の本人の顔写真
画集には裸婦もかなりの枚数描かれています。


「京劇 南昌興亜大舞台にて」1944年
出征中でも絵を描いていたのでしょうね。報道班員として中国に出征と紹介されています。

1912年に神戸で生まれ1982年に神戸で没する。70歳で亡くなられたとは少し残念な気がします。
作品は六甲アイランドの神戸ゆかりの美術館でも見られるそうです。また、神戸新聞でも県下の山歩きとスケッチを連載していたそうです。ただ、個人所蔵が多く今では展覧会も難しいでしょうね。

やっと出会えた「松岡寛一画集」。
母の仏壇にも供えて観てもらいました。



同じカテゴリー(観に行く)の記事画像
御影だんじり祭
大英博物館展
九度山
コスモスと滝
御影だんじり祭
上方の浮世絵
同じカテゴリー(観に行く)の記事
 御影だんじり祭 (2017-05-04 15:22)
 大英博物館展 (2015-11-14 12:08)
 九度山 (2015-10-21 14:57)
 コスモスと滝 (2015-10-03 14:45)
 御影だんじり祭 (2015-05-04 15:12)
 上方の浮世絵 (2014-05-29 20:05)

この記事へのコメント
「松岡寛一」をワード検索していてここに来ました。
というのも、拙ブログにちょっと登場しましたので。
http://akaru.mo-blog.jp/akarublog/2014/06/post_3593.html
Posted by akaru at 2014年06月08日 09:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ