2006年08月02日

馬籠峠下の桜




名古屋を基地にして日帰りの旅に良く出かけますが、木曽路の入り口、馬籠→妻籠もそんな1日でした。恵那山が目の前に見える馬籠宿から峠まではきつい登り、馬籠峠から妻籠は下り坂。寄り道しながらそれでも徒歩で3時間もかかりました。峠から下がったところに桜の群生してる公園があり、風に吹かれていっせいに散るさまはまるで歌舞伎の舞台の紙吹雪のような・・。
2006GW


同じカテゴリー(四季の花)の記事画像
ご近所の桜
三田・永沢寺のボタン園
ちょっと早い観梅
万博・日本庭園花しょうぶ田
アジサイ図鑑
あじさいが待ちどうしい
同じカテゴリー(四季の花)の記事
 ご近所の桜 (2017-04-10 12:08)
 三田・永沢寺のボタン園 (2016-05-01 15:52)
 ちょっと早い観梅 (2016-02-09 12:53)
 万博・日本庭園花しょうぶ田 (2015-06-14 15:58)
 アジサイ図鑑 (2015-06-13 13:44)
 あじさいが待ちどうしい (2015-05-23 15:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ