2008年01月04日

若狭・小浜ちりとてちん

連続TV小説「ちりとてちん」でおなじみの小浜に行きました。
霙・霰・雪の生憎のお天気。海辺のマーメイド像も凍えてました。


実は、小浜には人魚の肉を食べた娘が不老不死になり、
800年間生き続けた「八百比丘尼」の伝説があり、今も
「空印寺」には比丘尼が最後に篭った洞穴跡があります。


洞穴前には椿の木がたくさんあり「この木に花が咲いたとき、やっと
私もあの世に旅立てるのです」と800年生きた比丘尼が入洞前に
願いをこめたそうです。
生前、比丘尼は全国を廻り人々の役に立つことをして歩きました。
各地に残る「玉椿伝説」はここから生まれたそうです。
丁度、可憐な白い玉椿が咲いていました。


TVの影響か、若狭塗りの「お箸」のお店は大盛況。
箸匠「せいわ」では自分のお箸造りも無料でサービスしてくれます。

いろんなお箸がある中でこんなお箸が登場するのも商魂か。
「宝くじ当選箸」


もうすぐ奈良のお水取り、水を汲む若狭井は小浜の神宮寺からお水を送る
と言われています。神宮寺と東大寺は井戸でつながってるんだそうです。


寒々とした若狭湾。外海が荒波のため蘇洞門めぐりの船は欠航。
荒天にたたられた小浜、でも魚は美味しかった!!




同じカテゴリー(旅 我流)の記事画像
年末・年始
暮れの名古屋
三河の小京都
四国の珍島物語
東海道・有松宿
養翠園
同じカテゴリー(旅 我流)の記事
 年末・年始 (2013-01-03 17:01)
 暮れの名古屋 (2012-01-02 10:30)
 三河の小京都 (2011-05-10 14:25)
 四国の珍島物語 (2011-04-17 17:27)
 東海道・有松宿 (2011-01-03 17:44)
 養翠園 (2010-05-08 16:01)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ