2010年11月30日

燃える秋

神戸市立 森林植物園に紅葉を見に行きました。


142..6haの広大な樹林植物園に、神戸と友好都市の
「シアトルの森」「ブリスベーンの森」「天津の森」「リガの森」
など世界の木々もあり、すべて歩きまわるのはしんどい。


正面入り口からだらだら下り坂が続き、降りきったところに長谷池があります。


そこからどっちに登って行くかでコースが決まります。

カモシカ広場のほうに登りました。遠景ですがカモシカが見えます。


ブリスベーンの森へ行きました。



ユーカリなどの木々と一緒に「ハナマキ」と言うこぶこぶのある木がありました。


「天津の森」にある「エン樹」の木。


おなじく天津の森の「シーボルトの木」


園内は季節柄、紅葉以外は色がなく「冬枯れ」。
そんな中で椿だけが咲いていました。



森林植物園の周りの山々の自然の紅葉も素晴らしい。



この季節の森林植物園に行くには手袋が必要です。
冷え切った手足には「おでん」の看板がうらめしい。


森林植物園からの帰途、ビーナスブリッジに寄りました。
淡路屋さんがやってるレストラン「トゥール・ドール」


ここからの展望は何度見ても素晴らしい。

ポートアイランドも直ぐそこに見えます。

西を見れば夕暮れの淡路島が。


どこにでもある「恋人たちの鍵」。二人の名前を書いた「南京錠」が
ビーナスブリッジにもたくさんぶら下がっていました。


金星台に降りる途中に「諏訪山稲荷神社」があり、おきつね様が守っていました。


下界に下りるとトアロードは既にクリスマス気分。
北野ホテル。


その向かいの異人館・中国料理「東天閣」


冷え切った身体には三宮の暖かい居酒屋が何より。
最後に温まったのは言うまでもありません。

神戸市立森林植物園 http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

推薦ブログをひとつ。ここでも紅葉が見られます。
阿智胡地亭さんのブログです。 
http://blog.goo.ne.jp/achikochitei




同じカテゴリー(四季の花)の記事画像
ご近所の桜
三田・永沢寺のボタン園
ちょっと早い観梅
万博・日本庭園花しょうぶ田
アジサイ図鑑
あじさいが待ちどうしい
同じカテゴリー(四季の花)の記事
 ご近所の桜 (2017-04-10 12:08)
 三田・永沢寺のボタン園 (2016-05-01 15:52)
 ちょっと早い観梅 (2016-02-09 12:53)
 万博・日本庭園花しょうぶ田 (2015-06-14 15:58)
 アジサイ図鑑 (2015-06-13 13:44)
 あじさいが待ちどうしい (2015-05-23 15:00)

この記事へのコメント
ご紹介頂きありがとうございます。
森林植物園は4年ほどご無沙汰ですがいところですよね。
Posted by 阿智胡地亭 at 2010年12月12日 08:09
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ