2010年11月03日

第62回 正倉院展

平城遷都1300年記念 第62回「正倉院展」に行って来ました。

螺鈿紫檀五絃琵琶 の表、螺鈿のラクダ。

出品の目玉は「螺鈿紫檀五絃琵琶」
おもて


うらのほうが綺麗(?)


麻と紙を練りこんだ女性の「靴」。
先端に花が付いてるなんて1300年を経ても通じるお洒落心です。


伎楽面
迦楼羅(かるら)、インドの古代神話に登場する霊鳥(ガルーダ)です。


1300年前にも「色紙」があったとは驚きです。
紙が貴重な時代なので、まさか庶民はこれで折鶴などは作ってなかったでしょうね。




第62回 正倉院展 http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2010toku/shosoin/shosoin_index.html



大人 1,000円 ですが日中は混雑してるので、オータムレイト入場券 700円がお得。
閉館の1時間半前から入場出来、当日券売り場で発売。
1時間もあれば観られますので。
11月11日(木)まで開催。



やはりグッズ売場は女性でいっぱいでした。

  


Posted by 李欧 at 11:45Comments(0)観に行く
QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
李欧
李欧
オーナーへメッセージ